辻 秀幸 (つじ ひでゆき:声楽家・合唱指揮者)

tsuji 幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京芸術大学声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、 佐々木正利の各氏に師事。1985年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L.グゥアリーニ女史、F.タリアヴィーニ、H.リリングらの各氏に 師事。1986年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。同年ドイツのハイデルベルク、1988・89年にはウィーン楽友協会大ホール、2000年に はカイザースラウテルン、パッサウ他、数都市でベートーヴェン“第9”のソリストを努め、 ヨーロッパ各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開し、オペラでは古典か ら現代に至るまで、数多くの作品に出演し、その優れた演技力と歌唱は、新聞・音楽誌上でも度々絶賛された。宗教音楽の演奏家としての活躍は特に目覚まし く、バッハ・ヘンデル・ハイドンの宗教曲・オラトリオの演奏では、ソリスト・エヴァンゲリスト・また指揮者として、その活動は常に注目を集めている。現在 指導に当たっているアマチュア合唱団は13団体を数える。洗足学園音楽大学客員教授、日本合唱指揮者協会理事、アンサンブルBWV2001メンバー、 iARTS理事、NHKラジオみんなのコーラスレギュラー解説者、ぐるーぷ・なーべ幹事。共著に「わかって歌おう - レクイエム発音講座」、「フィガロの結婚 発音講座」等がある。