声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

2012年08月

ひまわり賞を頂きました!

去る日曜日に文京シビック大ホールで行われました「おかあさんコーラス全国大会」に18年ぶりに出場を果たした、私が指導して平塚で活動しておりますラ・カンパネラは、おかげさまで見事優秀団体に送られます「ひまわり賞」を頂きました!

尚、某新聞記事に「指揮者の辻が踊った」との報道が有ったようですが、私は決して踊ったのではなく指揮をさせて頂いたのでこの場をお借りして・・・って俺のブログだいっ!! 

キッチリと訂正させて頂きます!!

ラ・カンパネラは来たる9月14日、18時半開演で、田園都市線の青葉台駅徒歩3分のフィリアホールで「寺嶋陸也作品」のみでお贈りします演奏会を開催致しますのでこちらも是非お出掛け下さいませ♪

この日に着て行ったTシャツも、演奏後に新宿駅で出会ったナマハゲさんも、ひまわり賞を後押しして下さったに違いありません

120826_112528.jpg120826_155559.jpg120827_120744.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みもいよいよ終わりですね・・・

さぁてと! 一ヶ月分稼ぎ直さないと、エリヤじゃないけど我が家の家計は火の車です

皆様私の顔お忘れでは無いでしょうかぁ・・・

どうぞよろしくお願い申し上げますぅ~

ニューフェイスU^ エ^U!

今夏の隠居生活で一番はまったのが雲です! 

蜘蛛は死ぬほど嫌いですが、雲は良いです! 

泰然としていて表情が豊かで・・・

120823_115253.jpg120823_115322.jpg120823_180031.jpg120823_180101.jpg120824_083927.jpg120824_084059.jpg120824_085039.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなノンビリ我が家ですが、只今一気に緊張が高まっております

それはまたまたやって来ました預かり犬雌一歳

前回の預かり犬同様ビビリですが、こちらも全開で様々に学んだ事も有って比較的スムーズな滑り出し

でも飼育拒否のお宅から一斉に捨てられた5匹の子犬の内の一頭らしく、医療的なケアは一切されて居なかったようで・・・

皆さん! 犬は可愛がってあげましょうね! 

それだけ表情も和らいできますから!

勿論人間もですけどね・・・

120824_082742.jpg120824_101841.jpg120824_101853.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・仕事に行って来ます

急告!! 明日の演奏会ですが・・・

先ずは家内の出演します演奏会!

明日ザルツブルグから帰国後そのままリハーサル本番と熟す強者のソプラノを是非ともご声援の程宜しくお願い申し上げます! 因みに同級生やら私の実弟やら見もの聴きものです! 究極のナルシスト音楽学者、那須君の指揮も注目ですよぉ



第10回国際ミルトン・シンポジウム記念事業

「ミルトンと音楽」朗読コンサート



8月22日(木)午後7時 青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂







朗読:ティモシー・ハリス ソプラノ:佐竹由美 メゾ・ソプラノ:波多野睦美 

テノール:辻裕久 バス:加来徹 リュート:つのだたかし オルガン:能登伊津子



那須輝彦指揮・青山学院大学聖歌隊

管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル



一般券3,000円 学生券1,500円(店頭販売のみ 購入時・当日学生証提示)

チケット取扱い(5月1日~7月31日)青山キャンパス内青山学院購買会 03-3409-4401



主催:青山学院大学文学部英米文学科  共催:日本ミルトン協会

後援:日本英文学会/ブリティッシュ・カウンシル  助成:青山学院大学英文学会

協力:青山学院宗教センター



詳細はこちら 

★★★★★★★★★★★★★

さてもう一つは場所的には家内の演奏会場に程近いんですが、ジャンルがちょっと違う演奏会をガラッと違う会場でお楽しみ頂くコンサートの御案内です!

ソプラノの萩原かおりはわたしよりもずっ~っと年下の芸大の同門同級同い年の声楽家ですが、卒業以来本当に広いジャンルで活躍している頑張り屋さんです!

今回は小原孝氏と言う素晴らしいサポートを得て彼女も益々張り切っております!

宜しければ是非ともお出掛け下さいませ!

「かおり's カフェVol.9・ポップス味」は

         ピアニストの小原孝氏をお迎えします

小原さんのピアノに乗ってバーブラ・ストライサンドから南沙織、そして武満徹と、彩り豊かなステキな曲を爽やかにお届けします。

また、二人のオリジナル曲もたっぷりとお楽しみ頂きます

あちこちにちりばめられた二人のハーモニーも必聴?!です!!!

暑い夏の一夜、爽やかな音楽の風に吹かれにぜひ六本木までお運び下さいませ(^o^)



    時:2012年8月22日(水)午後7時開演(開場は午後6時)

   場所:STB139スイートベイジル

             (六本木駅3番出口より徒歩3分)

 チケット:5000円 (ミュージックチャージ)

      (カンフェティ・チケットぴあ・ローソンチケットでも取扱中)



 お問い合わせ:03-3478-3122(マルス・エイ・ソル)

        03-5474-0139(STB139スイートベイジル)

        club@hagiwarakaori.com

今夕の雲は…美味しそう♪

今夕のアルの散歩で見た雲は何かとってもおいしそうだったり、犬が駆けている様だったり・・・本当に表情豊かでした。

120819_183714.jpg120819_183846.jpg120819_183914.jpg120819_184359.jpg

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れの川縁は本当に美しいし快いです! なんか毎日がこんな日の繰り返しで、家内が紐にしてくれたらどんなにか幸せだろうかなんて・・・半分本気で思って仕舞う今日此の頃です

120819_184827.jpg120819_185116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いつもの散歩コースを進んで行くと何やら不思議な光景が

川原でライブコンサートやっててその近くにはお決まりの縁日っぽい夜店が出て居りました!

お客様は昨夜の花火の10分の一くらいでは有ったけどなかなか楽しげで良かったです

120819_185939.jpg120819_190006.jpg120819_190049.jpg

残暑お見舞い&魔除けです!

自家菜園でとれたトマトを頂きましたのでキャベツの千切りの上に乗せて盛り付けました

味もさることながら、この緑のトマトはワイングラスに入れて観て楽しんでます!!

120817_230305.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私は知らずにいつもの様にアルの散歩に出掛けると、7キロほど離れてるかなぁ・・・?二子玉川の花火大会を我が家の傍の河原から残念なことに携帯で激写

お楽しみ頂ければ幸いです!!

120818_194619.jpg120818_195657.jpg120818_195733.jpg120818_195747.jpg120818_195850.jpg120818_195932.jpg120818_195944.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そして鬼の居ぬ間に我が家に生まれた新コーナーです

バリ島の木彫りの魔除けのお面やら、布に描いた先住民族や、ピンタン島のキリンの置物等々・・・

さて、今日もお家で仕事仕事・・・ハーモニーの事実上の鬼の編集長女史からの催促が怖い怖い・・・

魔除け様! 宜しくお願いします・・・

120818_175430.jpg120816_220203.jpg

成田に家人を送った後・・・

そのまま車で銚子へ出て、犬吠埼マリンパークに立ち寄りまして、海豚やゴマフアザラシやペンギンたちと遊んで、海辺に立つ著名な歌人の歌碑を見学しまして、何故か恐竜君にもご挨拶しまして、大型海産物センターのウオッセ21に立ち寄って目鉢鮪と粒貝を購入して、木更津へ出まして、海ほたるは満車で立ち寄れませんでしたが、久し振りに気持ち良い気儘な一人ドライヴを満喫して参りました!

御土産は母にも御裾分け致しまして私もしっかりノンアルコールビールの晩酌を豪華に彩りました! 

120816_104905.jpg120816_105148.jpg120816_110534.jpg120816_110626.jpg120816_110835.jpg120816_114309.jpg120816_123432.jpg120816_124439.jpg120816_202822.jpg120816_202850.jpg

 

 

 

 

 

 

 

さて、さんざんサボリまくった今夏のお仕事でしたが、いよいよ明日から本格始動となりそうです!

またまた休み無しの日々を送る事に成りますが、主治医の先生からも一週間の休みの日が一日も無いと言う状態は避けて下さいと言う、なかなか難しい指示を受けておりますので、何とか静かなスタートを切って、ある程度その習慣を続けなければと思っております今日この頃です・・・

歌解禁は思いもよらず…

昨日がちょうど手術から3週間目、21日目に当たりまして、いよいよ歌の解禁となりました!

そんな日に私は思いもかけず母教会に重い足取りで向かう事に成ってしまいました。お世話になった先輩信者・・・洗礼を授けて下さった恩有る牧師先生の御長男(御長男は1歳で亡くなられましたので正確には御次男ですが)・・・勤め先の大学の同僚のご主人・・・とまぁ色々と複雑に御縁のある方の御葬儀でした。享年63歳!

洗礼を授けて下さった先生の御葬儀では声を痛めて賛美歌を歌えなかった私ですが、何と今日は解禁日と言うことで最初は恐る恐る、二曲目からはまるで故人とそのお父さんである先生に励まされる様にしっかりと歌う事が出来ました。

お若い方の御葬儀は悲しみで一杯、ご遺族、ご友人やお知り合いの方々で教会はクリスマス以上の人で悲しく賑わっていました。

それにしても癌と言う病。未だに完治出来る術は無い様ですが、ご遺族の皆様も、ご友人の皆様も、我々の様に御世話になった者達にとっても、ある程度の覚悟と、準備と、少しばかりの諦めを与えられるんだなぁと感じました。常に病床に通われ、前夜式(教会式葬儀の御通夜にあたるもの)で式辞を述べられた吉岡伝道師も、ご友人の弔事も、奥様のご挨拶も、皆取り乱す事無く、故人の生きた証人として、その為人を本当にしっかりとした言葉で、語り尽くせぬ思い出を大切に、そして大変に長い時間に亘って語られました。

私の義父はもう30年以上前、更に若い57歳で、やはり癌で天に召されました。

その葬儀は本当に悲しみで一杯では有りましたが、まだ結婚前の私の目に、義母、義兄の凛とした姿は今でも目に焼き付いています。

ご本人はさぞ辛い思い、苦しい思いをされた事と思いますが、今夜の式次第も、読み上げる聖句も、歌う讃美歌も、そしてそれぞれ何故その聖句、讃美歌を選んだかまで、しっかりと牧師に託して逝った今日の御葬儀の主役は、ご自身に降り掛かる現実をしっかりと受け止めて、自分の人生を振り返り、愛妻と愛息、妹、弟、ご遺族友人達に様々なメッセージを残して昇天された様です。

ふと思い出すのはクラブの先輩でホスピスで亡くなられたチェンバリストで作曲家で、音楽研究者であった友人の30代半ばでの最期です。

彼は多くの人々に自分がパラグライダーで飛んで行く写真を張り付けた葉書に「お先に行かせて頂きます・・・」の文字を書き込み、住所を全て書いた上で、「俺が死んだら投函して下さい」と言ってご両親に託されたそうです。私の所にもその葉書は訃報の翌々日に届きました。幾度となく見舞った仲の良かった先輩でしたが、その葉書を見た時には非常に腹立たしく涙がこみ上げてきましたが、昨日の前夜式(葬儀)との共通点は、「備えが出来た方の死」と言うことだった様に思います。

音楽通でいらした故人のお父様は聖歌隊に所属して居た我々やオルガニストに、自分の葬儀にはバッハの教会カンタータの106番「神の時は最良の時」を演奏する様に託された方でしたから、これまた共通する事の多い父子と言ったところでしょうか・・・

本当は解禁の日は母教会に登る途中に在るこのサントリーホールで歌えたらカッコ良かったけど、これも何かの縁、メッセージと受け留め、教会へ通う日々を増やして行かないと、叱られちゃいそうです!

合掌!

120815_174116.jpg120815_174455.jpg120815_174513.jpg120815_174559.jpg120815_174706.jpg

ルーツ!!

お盆ですねぇ・・・

昨日は兄弟&嫁達は忙しく東奔西走致しておりますので、未だ休職中の私が母を連れてルーツを探る日帰りの旅を敢行致しました

モノの3時間余りの旅程では有りましたが、墓参を済ませた後母が希望しておりました高島町のオープンして間もない鉄道模型の博物館に足を運んだんですが、90分待ちと言われ、列から外れたらいきなり60分待ちに成ったんですが、まぁそれでも立ったまま並ぶのはしんどそうだったので、今回は諦めまして、空を見上げて深呼吸してから横浜南区の母の生家付近を尋ねました 

120814_113158.jpg120814_124058.jpg120814_124708.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「 このお店は当時から在ったから、多分この辺だったと思う・・・」と言う母の生家跡は、お盆の割にはなかなか賑やかな商店街の一角にありました!

そして戦時中、母が、空襲による焼夷弾で亡くなられた、足の裏だけ真っ白で全身まる焦げの死体の積み上げてあるこのお寺の横を通って井戸に水汲みに行ったと言う話を聞きながらそのあたりを散策し、下を流れる川を見下ろすとかなりの悪臭と淀んだ水・・・何とそこにはあまり似つかわしくない美しい真白い海月(クラゲ)が群生しておりました

120814_132247.jpg120814_132335.jpg120814_132715.jpg120814_134134.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「子供の頃、兄も私もここで何回かお芝居に出させて貰った事が有るのよ!」と言う演芸場などを見て回りまして、流石に二時を回って二人ともお腹がすきまして何処で食べようかと帰路に付いたらあっという間に自宅付近まで帰って来てしまったので、昨日も家内と立ち寄った我が家の近所では一押しの本格的中華料理の店“神洲の華”に向かうと、普段なら長蛇の列でなかなか入れないこのお店が、お盆休み中の営業時間変更の為にお客さんは我々だけ

ゆったりと、今日は母の奢りで牡蠣の揚げ物甘酢掛け、馬鹿旨特製冷やし中華、混ぜそば等頂き大満足で帰宅しました! 

120814_134011.jpg120814_144906.jpg120814_145404.jpg

 

 

 

 

 

 

 

お盆らしいと言うか、半分お化け屋敷ツアーっぽいと言うか、不思議な反日横浜界隈への旅でした

本当は旅行の筈が…(;^_^A

本当は母の傘寿の祝いを兄弟3人と嫁全員で温泉旅行でもして祝う予定が、兄弟夫々様々な予定が交錯しまして変更に次ぐ変更の結果、ちょっぴり豪華な京風会席料理のお店で賑々しく宴を催す事にしまして本日行って参りました! 母が80才って事は俺も今の歳に母が俺を産んだ年齢を足した頃には同じく傘寿を迎えるのか…なんて実に下らない当たり前の事を考えながら、一人感慨にふけっておりました・・・ 

いやぁそれにしても今夜の宴では日本料理・京料理の会席の良さを再認識致しました

せめて一年に一度はこういう雰囲気で美味しいものを頂く必要があるなぁと考えました

見事な前菜から品の良い御造りに信じられない桂剥きの妙技で創られた器からアユの塩焼きに松茸もしっかり頂いて、水菓子に仕上げは御抹茶と、味覚視覚触覚嗅覚を満喫して帰宅致しました! 悔やむべきはこの全てのお料理をノンアルコールで頂いた事

既に主治医の先生からアルコールは解禁と成って居るのですが、「辻さんはアルコール召し上がると多弁に成ったり声が大きく成られたりしますかぁ~!?」と聞かれ、「確かにその傾向はあるかも知れません・・・」と申し上げると、「それでは飲んで頂いて構いませんので、飲んだらその場ですぐにお休み頂くようにして下さいね・・・」???って言われちゃいまして・・・無理じゃんねぇそんな事

120813_175927.jpg

 

 

アルコール呑みまくった次男夫婦と母

120813_182935.jpg

 

 

 

食前酒の梅酒だけでほんのり寄ってる・・・否、酔ってる三男夫婦v

 

 

 

120813_183238.jpg120813_185250.jpg120813_195143.jpg

 

 

 

 

 

 

 

食べて・・・食べて・・・食べまくる長男

それでもまぁみごとにメニューがバランス良くヘルシーなんですよねぇ! こんな食事毎日食べてたら健康に成るだろうなぁってことは解るんですが・・・ひと月もたずに破産するわなぁ

120813_192803.jpg120813_201611.jpg120813_203541.jpg120813_205026.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

余りに皆お料理に感動して祝う方も祝われる方もなんで集まってるのか忘れかけてましたが

母もそれはそれは上機嫌で幸せそうでしたから・・・まぁ良かったです

親父が一番悔しがってんだろうなぁ<(`^´)>!

120813_210606.jpg

 

 

 

すわっ! かぐや姫かっ!?

ほらっ! 皆行きたくなったでしょヽ(^o^)丿!!


猛暑が続きますが、温まり過ぎた身体を、チョッピリ寒い来年の二月末にオーストリアのウィーンでクールダウンしながらブラームスのドイツレクイエムを歌いませんか!?

寒いとは言っても北海道同様室内はぬくぬく温かいし、東京に居るよりは遥かに暖かく過ごせるかもしれませんよ

通常のレクイエムとは違い、ブラームスが聖書の中から吟味を重ねてのテキスト選びと作曲にほぼ10年を掛けたと言われる合唱大作です! 

この名曲を一部初演を行ったと言われるあの夢の黄金の殿堂で、貴方の葬儀を豪華に彩る思い出と、形に残すCD・DVDを作りにご一緒しませんかぁ!?

私が合唱指揮を務めます!

本番の指揮は私の亡き父の先輩であり日本の指揮者界の頂点に君臨され、83歳にして尚恐るべきエネルーで世界中の檜舞台でオーケストラ・合唱を牽引し続ける荒谷俊治先生です!

荒谷先生が実は私の父同様に、合唱曲の作曲家としてはレジェンドとしてご周知の通り、あの高田三郎先生の弟子である事はそれほど知られてはいないかも知れませんが、その高田先生の薫陶を受けられた、合唱を深く愛する荒谷先生の熱過ぎる指揮とやはり高田先生から直接作曲を学んだ私が合唱指揮をさせて頂き、合唱団の中で共に歌わせて頂きます。

そして高田三郎生誕100年に当たる来年の春に、ウィーンの根雪をも溶かす深い温もりを持つ自分の人生を振り返りつつ感謝を込めつつ歌うドイツレクイエムを共に歌い上げようでは有りませんか!

もう既に優秀なメンバーと楽しく練習を重ねていますので、そんな仲間に混ざれば貴方もたちまちの内に歌える様になりますよ!

救いの無い宗教曲は無い! 

「幸い成るかな 今から後に 主に在って死ぬものは・・・」

ブラームスはお好き?なんて名著もある様に、我々日本人の血の中には作曲家ブラームスの音楽と為人を愛さずにはおかぬ何かが在る事を確認出来る演奏旅行になる事請け合いです!

詳しくは以下をじっくり御検討下さいませ!!

以下、ラテーザのホームページより転載します!

 

荒谷俊治指揮 「ドイツ・レクイエム」 ウィーン楽友協会ホール公演ツアー






旅行日程:2013/02/25(月)~2013/03/02(土)

★引き続き募集をしております。興味のある方、ぜひお気軽にお問い合わせください。



ウィーン楽友協会ホール「黄金の間」でのブラームス作曲「ドイツ・レクイエム」の公演に参加する合唱団員を募集いたします。

指揮は荒谷俊治先生、合唱指揮は辻秀幸先生という実力派の指導陣です。

東日本大震災から2年を迎える時期、音楽による復興支援チャリティ演奏会として行われます。



★楽友協会ホールは、ドイツ・レクイエムの初演が行われた会場です。

★次回練習は8月1日(水)18:30~21:00@イノウエ・ホール(登戸)です。

★旅行の正式申し込みをしていなくても練習見学可能です。当日、直接会場にお越しください(但し、楽譜をお持ちでない方は事前にご連絡ください)。

現在、練習は音取りを地道に進めています。練習経過はブログにてアナウンスしておりますので、練習を欠席された方は、ご参照いただき予習に役立ててください。

ブログ→http://blog.livedoor.jp/akiraspberry/

または「ひろいあつめたはなびら」で検索♪



ウィーン楽友協会ホール「黄金の間」

ブラームス作曲「ドイツ・レクイエム」

指揮 荒谷 俊治

合唱指揮 辻 秀幸

管弦楽 アンバサーデ・オーケストラ・ウィーン

ソリスト ヨーロッパで活躍するソリストを起用予定

合唱 ブラームス・コンサート合唱団 for 3.11

    日本とウィーンの合同合唱団となります(合計120名を予定)

ヨハネス・ブラームス代表作の一つで、通常のレクイエムと異なり、ルターによる聖書のドイツ語訳の詞が用いられているのが特徴。 作曲者自身が選択した詞は、「死者の安眠」を願うよりも、むしろ現世に残された家族・友人を慰め、心の安息を祈ろうとするものである。 演奏時間約70分。

・・・震災後、現在を生きる東北の人々に、1日でも早い復興を願う、当企画の趣旨と共通点を持ちます。 そのため当公演では、私たちのメッセージをより明確にドイツ市民に向けて発信出来るよう、ドイツ語の発音に正確を期し、専門家による発音指導を取り入れる予定でございます。

 

  

 


【練習日程(予定)】  *変更になる場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 ★印は平日午後のため、女声練習となることを示します。



8月: *8日(水)の練習は日程変更のためありません。ご注意ください。

 21火(18:30~21:00) イノウエ・ホール(登戸)

 28火(★14:00~16:30) 文京シビックセンター 多目的室


 29水(18:30~21:00) 新宿文化センター B1F 展示室 *8日→29日に変更になりました。


9月:

 5水(18:30~21:00) 新宿文化センター 4F 第1会議室



 11火(★14:00~16:30) 新宿文化センター 4F 第1会議室

 19水(18:30~21:00) 文京シビックセンター 多目的室

 25火(18:30~21:00) ミューザ川崎 市民交流室


10月: 3水(夜) 9火(★午後) 15月(夜) 24水(夜)

11月: 13火(夜) 20火(★午後) 21水(夜) 28水(夜)

12月: 5水(夜) 11火(夜) 18火(★午後) 19水(夜)


☆12月22日福岡稽古 

☆1月13日東京マエストロ稽古 ☆2月17日東京マエストロ稽古


・・・・・・・

楽譜、音取りCD(実声)の通販お取次ぎもしております(発注先:パナムジカ

☆☆実声入り練習CDを会場に置いています(数に限りあり)。

ご希望の方は、パンフレット裏面のお申込書にその旨ご記入ください。


10月以降の合唱練習会場は、決まり次第順次記載してまいります。

-^^-^^-^^-^^-^^-^^-^^-^^-



株式会社ラテーザ



旅行事業部 営業部長

ブラームス:ドイツ・レクイエム

担当:遠藤 明



〒102-0072

東京都千代田区飯田橋1-8-10

クリエイトビル2階

TEL 03-3263-8900

FAX 03-3263-8906

Email endo@lattesa.co.jp

Website www.lattesa.co.jp

Blog http://blog.livedoor.jp/akiraspberry/



-^^-^^-^^-^^-^^-^^-^^-^^-




livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • Nコン関連番組に出演します!
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
最新コメント
アーカイブ