声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

2012年03月

いよいよ明日が本番です!

梅もそろそろ主役の座を降りまして・・・

120330_063800.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大木の桜の蕾はまだまだ固いままですが、チラホラと早咲きの桜(だよねぇ!?)も出始めました!

120330_065332.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そこへ鵜の様な鳥が今正に飛び立とうとしておりました!

120330_065524.jpg120330_065507.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はEnsemble BWV2001の演奏会本番です!

どうやら4月を前にして全日雨模様だそうですが・・・

私は知る人ぞ知る、知らない人はだぁれも知らない「雨男」です!

是非とも歌い手としてあとどれくらい有るのか、そう長くは無かろうキャリアの大切なステージの一つとして雨男の本領発揮したいと願っています!!

皆様是非ともお出掛け下さいませ

浜離宮朝日ホールで31日土曜日午後18:00開演ですが、いつも解説でお世話に成って居ます有田栄女史と我々の代表田崎瑞博によりますハッチャキ魅力満載、バッハが貴方の隣に座ってくれそうなプレトークが17:30からございますので、お時間の許される方はどうぞこちらもお聴き逃しなく!

それでは都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」下車徒歩3分、朝日新聞本社を入り、その新館内に御座います浜離宮朝日ホールでお待ち申し上げます!

バッハが居たから共に歌い奏する我々の演奏を、是非とも皆様にお届けしたい

どうぞよろしく・・・

お申込み・お問い合わせ:アレグロミュージック 03-5216-7131

            http://www.allegromusic.co.jp/



出演者等、詳細は →
こちら!

ちょっとだけブログ更新・・・

昨日は日の出町合唱祭で日の出混声合唱団の指揮と、出演団体有志による合同合唱、吉野弘作詞、高田三郎先生作曲の名曲「心の四季全曲」を指揮させて頂きました。今回ピアニストの方が急きょ変更に成ると言うトラブルがあったものの、代役を熟して下さった関矢圭子さんが見事な演奏で支えて下さいました。各団の演奏もそれぞれに味わい深く、たった6団体だけが参加の小さな合唱祭でしたが、充実の内容でした。

実は日の出町の大久野地域には大正の香り漂う素晴らしい公民館が在った(正確にはまだ在ります)のですが、震災の影響で使用不可と成り近々取り壊しの上建て替えと成るんだそうです。

新公民館でこの合唱祭が再開されるのは3年後くらいかなぁ!? 楽しみにしてます!

さて我が家は今日から週末まで無収入と成ります

週末に行われますEnsemble BWV2001 の演奏会に向けて日々リハーサルを繰り返す為です!

ズーッと声だけが不調で、休養充分過ぎて身体だけが無駄に元気な私でしたが、一時は降板も覚悟したのですが、お医者様方の治療とアンサンブルのメンバーの励ましを受けまして出演に向け再始動しました!

皆様の御来場をお待ち申し上げます! チケットまだありますよ!!


ENSEMBLE BWV2001 第11回定期演奏会







芸大の仲間と毎年開催しているバッハカンタータの公演。今年で11回目を迎えます。



【Program】



G.F.ヘンデル:合奏協奏曲 ヘ長調 作品3の4

J.S.バッハ:カンタータ70番 ≪目覚めよ!祈れ!祈れ!目覚めよ!≫

      カンタータ61番 ≪いざ来たれ、異邦人の救い主よ!≫

      ミサ ト長調 BWV236



お申込み・お問い合わせ:アレグロミュージック 03-5216-7131

            http://www.allegromusic.co.jp/



出演者等、詳細は →こちら!

 

諸事情によりまして・・・

諸事情によりまして一週間のブログ更新のお休みをこっそり宣言いたします!

いえいえ、何かが有ったとかでは無いのです、自分と機械のメンテナンスです!

メールは大丈夫ですよ!!

そうだなぁ・・・嘘はつきたいから、4月1日までの復活をお約束して、暫くの間、

(ToT)/~~~です!!

ダブリン各紙に報じられた写真集そのⅡ

270年前にこの地で初演され今日まで世界中で愛唱されてきたヘンデルのメサイアを、彼女達は恩師 故 冨岡正男先生が心血を注がれた女声合唱への編曲版を以てこの聖地に奉唱しました。 

恩師への深い感謝と尊敬と、丁度1年前に母国日本で起きた東日本大震災の追悼の思いと共に彼女達は神様を心から賛美しました。

指揮者の私としましては、オルガニストは私の姿を設置されているカメラモニターで見てくれているとは知りながらも、こちらからオルガニストの姿も雰囲気も全く感じられないと言う初めての、本当に不安で堪らない本番体験では有りましたが、彼女達の中にしっかりと刻み込まれたメサイアのテキストと音楽がその素晴らしいコンサートを当たり前のように成功へと導いてくれました。

彼女達と共に初演から300年記念演奏会を再びこの地でしましょうと語り合って帰国の途に就きました・・・

えっ??

NO FEE ST.PATRICKS CHOIR.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 10.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 9.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 8.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 7.jpg 

ダブリン各紙に報じられた写真です!!

お茶目でハイソでクレバーで、何より品格のある皆さんたちでした!!

NO FEE ST.PATRICKS CHOIR 6.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 5.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 4.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 3.jpgNO FEE ST.PATRICKS CHOIR 2.jpg

病名・・・

くしゃみが止まらず=3・・・鼻水がさらさら流れ・・・何と無くボーっとする・・・目が赤くなり痒い・・・未体験の症状ですが・・・病名が解りません・・・いや・・・解りたくないのかも知れません・・・

ただの鼻風邪かも知れないし、そう言えば毎年皆が〇〇〇に成る前に疑似〇〇〇っぽい症状が出てたっけ!!

それだそれだそうに違いない

目が痒いけど・・・

最後の晩餐・・・

ロンドンで最期の・・・じゃ無くて「最後の晩餐」は・・・一人だったので何と回転寿司をチョイス

ロンドン市内に結構何件か在るチェーン店みたいで・・・名前は「YO!Sushi」

店内には日本の飲食チェーン店でも使われている接待用語の日本語が飛び交う怪しげな音楽が流れていました

味はどうかって!?

サーモン中心のネタだった! 今日のお勧めはチキンカツカレー丼と餃子だった! 思い切って「海鮮うどん」頼んだらお兄さんがフライパンに水を沸かし始めて?・・・昨日の残りのサーモンかなぁ・・・と一つまみの烏賊とたっぷりの唐辛子と玉ねぎとうどんを入れて出てきた! 麺はうどんだったけどスープは韓国即席麺の味だった・・・

値段はどうかって!?

締めて29ポンド也(3886円程度)・・・

これでロンドンのディナーは終わりました・・・

今日の教訓!

 「面白半分な気持ちで御飯を食べるのはやめましょう!!」

ロンドンだす\(  ̄▽ ̄;)/〃

携帯ではこの程度の写真ですが、今回は一眼レフを持参しましたので帰国後にアップしたいと思います

でもねぇ・・・写真初心者にはやはり一眼レフは手強いです

もう写真の色が続けてとっても夕方みたいに暗くなったり太陽取ってるみたいに激しく明るくなったりで・・・

デブ・・・じゃ無かったダブリンから数えれば既に数百枚の写真を撮ってると思うんですが、モノにできた写真は十分の一以下かも知れません・・・

今日はツアーも不参加にさせて頂いてひたすら静養に努めております!

もう少ししたら夕食に出てすぐに寝ちゃおうかと思います!

だから・・・合唱団の皆様・・・御土産は声が戻ってからのお話だけってことでお許し下さいね

それではまた・・・帰国後に日本でお会いします! 

120313_104121.jpg120313_104149.jpg120312_131844.jpg

驚きの連続でした・・・

セントパトリック教会大聖堂の演奏会は驚きの連続と成りました。

大聖堂に設置された客席を埋め尽くす300人を遥かに超える沢山のお客様からの熱烈な拍手を頂き、私からはまるで姿の見えないオルガニストが、設置されたカメラから送られるモニター映像を通して私の動きを捉えてコーラスとのアンサンブルを見事に作り出してくれました。

時差ボケもなんのその、日本からの合唱団員だって最後まで集中力を欠く事無く歌い切りました!

確かに演奏上の事故は有りましたが、合唱団も私もオルガニストの姿がまるで見えないと言う初めての演奏、しかも合唱団員は自分の後ろからその音を浴びて合唱すると言うスリル満点の状況の中、よくぞあそこまでタイミングのみ成らず、曲のメッセージを、この日に託す特別な思いを一つにして演奏する事が出来たものだと感激しました。

ソリスト陣も体調不良により急遽代役を務めて下さった現地の美声の歌い手さんを含め、皆さん夫々に素晴らしい歌を以てこの演奏会を盛り上げて下さいました。

そして終演後にはこれまたビックリ!! 2,140ユーロ、日本円にして20万円を大きく超える義援金をお客様から、合唱団員から(私も心ばかり・・・)頂戴いたしました! 今回のこの義援金は、社団法人“Harmony for JAPAN”を通しまして、被災地の合唱活動に特化して、長い目で支援活動を展開して行きたいと存じます。そうそう・・・やはり11日に行われた関西での2つの演奏会も大盛況だったそうで、木下牧子先生、新実徳英先生、本山秀樹さん、伊東恵司さん始め、御協力頂いた皆様にこの場をお借り致しまして(あれ・・・借りてるか!?)厚く御礼申し上げます!

 

世界はこれまた本当に驚くほど、日本の震災に心を痛め、何とか救いの手を差し伸べたいと思って下さっております。音楽を愛する者達に笑顔を取り戻し、力を得た者達がまたその周りの者に笑顔を分け与える事が出来ます様に!

「闇夜の様な世の中を 真昼の様に照らすでしょう」

メサイアを女声合唱版に編曲して下さった東洋英和女学院で長く教鞭をとられた、故 冨岡正男先生の作詞作曲による日本語の讃美歌 「愛の業」をアンコールとしてアカペラでお届けしましてこの日の演奏会は終わりました!

最後はこれまた驚きの客席ほぼ全員のスタンディングオベイションに私達も大いに胸を熱くさせられました

 終演後・・・アイルランドの日本大使館員の方もわざわざお見え下さって熱心に一番前の席で聴いて下さったこと。現地滞在の沢山の日本人の方々が聴いて下さったことを知りました。本当に有難うございました。

そして・・・一つ悲しいお知らせが届きました。私も同門の大先輩として尊敬申し上げておりました鈴木仁先生がこの日の朝急逝されたと言う知らせが入りました。この日バスのソロをしてくれた奥村泰憲氏は、何と3月6日の日にこの仁先生に10年ぶりの個人レッスンを受けてこの日の演奏会に臨まれたとか・・・・

冨岡先生もおられた事でしょう。鈴木仁先生も勿論、私の父も、メンバーの中で近年御主人を亡くされた方も少なくなかったし、このコーラスのメンバーで、何と私のジム仲間だった方も昨年亡くなられましたし、今回のツアーには参加出来ずに、日本から深く静かな祈りを以てこの演奏会を支えて下さった沢山の皆様に心から御礼を申し上げます。

音楽を通してできる事。それは目の前に与えられた機会を逃さず、迷わず怯まず演奏する事だと言う事を実感させられました。

「愛の業は小さくとも 神の力がこもるから・・・」

これだけは今回確実に演奏に関わった全ての者が、聴いて下さった多くの皆様に感じて頂けたことでしょう。

冨岡先生! 先生の「音楽の業 愛の業」に、改めて心からの感謝を申し上げます

 

あっ・・・荷造りまだだ・・・

いよいよ本番です!

ゲネプロ終わりました!明日はいよいよ本番です! 復興を信じて、長く祈り、支えて行きましょう!! 戦争や原爆同様に、絶対に忘れず、諦めず…… 神様、共に居てください!

ハレルヤ!

120309_095935.jpg

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • Nコン関連番組に出演します!
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
最新コメント
アーカイブ