声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

2010年09月

墓参から葬儀へ(:_;)・・・

題名は別に順番が違ったりはしていないのです。今日の朝は合唱団の練習の後、兼ねてより団員が希望しておりました、不慮の事故で亡くなられた元団員の墓参をして参りました。良いお天気にも恵まれ、みな心の底から一人ずつ故人の冥福をゆったりお祈りする事が出来ました。

どうか安らかに天国でお暮らし下さいませ。

「神様に託して心配な事など有りはしないのです! 神様がこれからはいつも共に居て下さる場所・・・そこを天国と呼ぶのです!」 この御言葉は、今夜訪れた大先輩のテノール歌手、早瀬一洋(はやせいちよう)先生の悲しい哀しいご葬儀の中で故人を送るメッセージを述べて下さった牧師先生、早瀬先生にバプテスマを授けて下さった北島靖士先生のお言葉からの引用です。

早瀬先生の訃報は昨夜突然ファックスで知らされました。川崎市民オペラ設立の際には川崎市在住であった先生がご尽力され、ピアニストのお嬢様と共に幾度と無くその公演を支えて下さいました。甘く優しい美声と日本人離れされた端正なマスクは当時テノール歌手にとっては憧れの、そして世の女性達の目と耳を釘付けにされたそのパフォーマンスは、藤原義江先生以来だし・・・もう出て来られないかなぁ・・・奥様の涙と悔恨を堪えつつの、しっかりとした喪主の御挨拶は三鷹バプテスト教会を埋め尽くした参列者の号泣を誘っておりました。 「誰一人自分の為に生きる人はなく 誰一人自分の為に死ぬ人もいません 生きるとすれば主の為に生き、死ぬとすれば主の為に死ぬのです」 勘違いしてはならない深い御言葉を給わり教会を後にしました。

テノール歌手として一世を風靡され、後進の育成にも様々な音楽大学で、藤原や日本オペラ協会でも尽力され、クリスチャンとしても1980年に受洗されてからは教会の活動の上でもその歌声もて御奉仕され、何よりも本当に家族を愛された素晴らしいお父上で在られたとか・・・・

人間として歌手として私など足元にも及ばぬ大先輩ではありますが、爪の垢でも頂いておきたかったと悔やむばかりです。

葬儀には声楽界の重鎮が多くご列席でしたが、そんな中で私の5歳の時に共演させて頂いた初代歌のお姉さん真理ヨシ子先生に本当に久し振りにご挨拶させて頂けたのは不謹慎ながら幸いなことでした。

早瀬先生! 生前私の父も先生の甘美な美声が大好きでした。川崎市民オペラで私が共に活動させて頂けるのを大変喜んでおりました。そしてその父もやはり先生と同じ71歳で7年前に他界致しました。ご遺族の皆様のご無念と、しかし、「決して我が家の父は短命ではなかった!その務めを人一倍果たしての誇るべき生涯であった・・・」との確信を肌で感じる立派なご葬儀でした。

どうぞ安らかにお眠り下さい・・・合掌!

ただいまぁ・・・(^_-)-☆

大学・職場・一般の審査を終え、昨夜無事に帰宅できました!

私のブログをお読み下さった皆様から様々にご心配や御励ましのお言葉を頂き有り難いやら情けないやらではありますが、私至って元気です!! 一生懸命審査させて頂いた結果ですから、東北の皆様お喜びの方々もお怒りの方々もどうかそのまま受け止めて頂ければと存じます。但し、今回の自分の中での「ブレ」はどうしても一度見直し検証させて頂きたいと存じまして、正式にお引き受けさせて頂いた分を除きましてコンクールの審査は当分の間ご遠慮申し上げようと考えております。これはこのまま見直さないで走り続ける自分への恐怖心です。決して自分の個人的な肉離れだけでは済みそうに無いので、自分自身のブレ無い審査基準の確立と、例え同様の審査結果を出してとしても、自分自身にも審査された側の方々にもきちんとその理由が述べられるだけのバックボーンの確立に努めたいと思いますので暫く時間を下さいませ。

こんな殊勝な気持ちにさせられたのは勿論ハイレヴェルな東北大会の審査員の場に座らさせられたからに他成りません。本当に凄かった! 私が高得点を付けて他の審査員も高得点を付けた団体はいくらもあるので謝罪と言うことは控えさせて頂きますが、ちょっぴり自分の右往左往には腹が立ちました!

さて今日は10月13日水曜日に行われます大学時代の友人、元NHK歌のお姉さんのしゅうさえこさんのオリジナルソングによる合唱作品集の第2弾の出版記念コンサートの合同リハーサルを覘きに代々木上原に行ってきました! この出版記念コンサートには合唱界の重鎮、古橋富士雄、岸信介氏らを始め日本の合唱界を代表される方々から若手中堅どころの合唱指揮者と、延べ18団体ものおかあさんコーラスのグループが出演されますが、一貫してお母さんと子供との世界を歌い続け書き続けたしゅうさんの作品を見事に美しく愛情深くそして本当に良い表情で演奏、歌っておられたのが印象的でした。ピアニストをお勤めくださる皆様も本当に素敵な演奏で支えて下さっておられました。それもその筈、何と世界に冠たる前田憲男氏が編曲を請け負い、夫々の曲が本当に素敵な、楽しい、ハートフルな合唱曲集に仕上がっています。皆様宜しければ10月13日水曜日 午後の部13時半開演、夜間の部18時開演で行われますので是非とも四谷区民センターホールへ足をお運びください! 出版はこの日のこの会場が初日と成りますので是非お買い求めくださいね! 私も勿論会場から午後も夜もこのコンサートを見守りたいと思います。そして日本中で、世界中でお母さんと子供達の悲しい事件がもう二度と起こりませんようにと祈りたいと思います。

そして夜には週末の新宿区の合唱祭に出演する合唱団エルムの最後の練習に行って大笑いさせられて参りました!こちらは今週の土曜日10月2日に新宿区文化センター大ホールで午後17時過ぎに本番です。また、その一時間ほど前にはコロ・ネスポラと言うおかあさんコーラスグループも私の指揮で出演致しますので併せてお楽しみ頂ければ幸いです。

さてと・・・いい加減レギュラーな自分を取り戻していかないとね! それでは皆様、今後とも宜しく御贔屓にお願い申し上げます。そうそう・・・ローマ旅行へのお申し込みも是非ともお早目に!!!

中学の部!!

やっちまいました・・・・やっぱり俺は審査員の世界から暫くはお暇します!! 

正式にお引き受けしています分は参りますが、やはり修行に出ます

 

全日本合唱連盟の採点の公式記録をご覧頂ければはっきりとお解りの様に、私はやはり相応しくないのです! 何故なら私は真面目に審査した結果だから・・・それにしても凄いレヴェルの争いでした。改めて東北勢の中学校の部の凄まじいまでの演奏に、私はただただ聞き惚れ感動を繰り返しておりました。

一生懸命頑張ってきた皆さん本当にごめんなさいね!! 

ハーモニーの「ヒデさんは観た」が似非記事だなんて思われない様に、暫く反省して審査員の留意点等をもう一度修行して参ります! でも、私が上位に付けた皆さんはどうか胸を張って全国大会戦って来て下さいね! その辺は審査委員の意見の相違の範囲内で、皆さんかなり良い成績を付けられておられましたからね

私は良い勉強させて貰いました!! 有難うございました。

SKの助言とSMの慰めとSTの愛情溢れる御言葉を受けまして、暫く修行に出たいと存じます!!

FHは本当に嬉しそうな顔で私の失態を喜んでおりました!! AFさん日曜日のご自身の演奏頑張ってくださいね!!

今夜は審査員の慰労会を兼ねての夕食会だったが、F島県の理事長の笑顔は冷血そのもの・・・・

大体他人の審査してる場合じゃないよなぁ・・・来年は自分もオッソロシイ程の本番だらけだし!!

さらば審査員! でも今回の収穫は、鈴木輝昭氏の作品は本当に素晴らしいエチュードであり、最終目標の高みと成り得る作品群であるということかなぁ・・・・

高校の部審査

参った・・・本当に参りました! 俺は合唱コンクールに何度か指揮者としても若い頃から何度となく挑戦して来ました。確かに全国大会にも2度ほど合唱団を率いて出場させた事も有りました。また高校生の頃から父の指揮で幾度と無く歌い手としてこのコンクールに参加もしてきましたが、今回の全日本合唱コンクール東北支部大会高等学校の部の見事な演奏の数々を耳にし、自分が如何にこの手の審査員に相応しくないかを痛感するに至りました。他の審査員は清水敬一・清水雅彦・雨森文也・藤井宏樹と日本のコンクールを席巻したばかりか、それに留まらず世界の合唱コンクールでもその名を轟かす逸材揃い!! そしてもう一人はそれらの合唱指揮者が揃ってその作品を取り上げ、合唱団員の努力にしっかりと応える作品を排出し続ける作曲家の鈴木輝昭! こう考えると何故自分がここに居るのかとつくづく嫌に成って来た!

彼らとは今日も様々に話をさせて貰ったし自分としても良い勉強をさせて貰って来た! そして演奏家として彼らにコンプレックスを感じている訳でも無いけれど・・・やはり俺の審査は戦う為に準備をして来た高校生諸君の真摯な姿勢に応えているとはなかなか自信がもてません!

そして課題曲と自由曲の1対1と言う採点基準にも今回大いに疑問を持たざるを得ませんでした。別にコンクール批判をする積りも無いんですが、そもそも演奏時間はせいぜい3分強の課題曲に対し自由曲には8分の時間(著名な審査員の先生から高校は6分半だよ! のご指摘を頂きましたのでお詫びして訂正させていただきます!)が与えられる訳で、そう言う意味でもこの割合は如何なものかと思いますし、事実私の中でも良い演奏をするなぁと素直に思える合唱団と、成績上位の合唱団(自分自身の審査に関して)にはいささか矛盾が生じていました。「比べる」と言うことと「文化としてこの合唱と言う芸術ジャンルが日本にしっかりと根を下ろす」と言う事にどうしてもしっかりとした根拠を見出すことが出来ないのです。

そもそもこのコンクールは合唱団の優越を付けるものなんでしょうか!? 私を含めかなりの方々が、指揮者・指導者のコンクールとして意識されておられるのではないでしょうかねぇ!? まぁ今日に至るまでお引き受けしてしまったものはともかくと致しまして、今後暫くは私、コンクールの審査と言うものを、サッカーの監督に資格が必要なのと同じように、また審判にも本当に難しい審査や試験が存在する事実と同様に、暫く聴く事への修行を試みてからお引き受けしようかなぁと考えさせられる今日のコンクールでした。でも良いもの聴かせて貰いました! 審査結果に一喜一憂する高校生の姿はなかなか直視出来るものではありませんでした!

そこで・・・冷やしラーメンです!

頭も身体もある意味心も冷やし直して、明日はまた中学生部門の審査に臨みます!

俺も一生懸命真剣に正直に審査しました! 明日も明後日もそうする覚悟です! でも私はこんな場に出てこれる合唱団なんて指導すら出来ていないし(音大の合唱団はともかくとしても・・・)育てても居ないのです! 今日出場の合唱団の全団体を、そしてその指導に当たられた先生方を私は心から尊敬致します。

今後私はやはり自分の指導・指揮の下に集まってくださる方々との時間を大切に、これからも良い音楽を続けたいとは思いますが・・・コンクール審査はつくづく・・・ 

100924_231139.jpg 冷やしたまえ・・・

山形は秋食(^O^)/

名店三津屋で板蕎麦(半板)と、夕飯は勿論芋煮と茸と米焼酎と…… 相性の良い食べ物とアルコールは舌には最高で身体には最悪の相性( ̄▽ ̄;)

明日は気合入れ直して美味いもの・・・じゃなかった、審査します!

100923_163132.jpg100923_221232.jpgget.gifhantainanoda!!

 

夏最後の猛暑日(+o+)

アジカッタネェ・・・(+o+)

でも明日から全くの秋だそうな・・・それを信じて明日からの旅には長袖だけ持って行こう!!

それにしても今日の熱さは夏の最後っ屁とでも申しましょうか、スンゴイ暑さでしたね! 

自然と身体からチャーシューの香りが漂って参りました!

明日からは食欲の秋読書の秋芸術の秋スポーツの秋そして人恋しい秋・・・

皆様夫々に素晴らしい秋をお迎えください!

えっ!?私ですか!? 今夜は貝尽くしでしたので私は明日から芋煮と冷やしラーメンです

夏に良く働いたご褒美!

この夏は本当に良く働いたと自分でも誉めてやりたい反面、レギュラーの合唱団には随分とご迷惑をお掛けしてしまいました。

申し訳ありませんでした! 来年は少ししっかりスケジュール調整してレギュラー合唱団の練習に力注ぎますからお許しくださいね!!

最近自分の仕事を前に、必死で進んで行く事ばかり考えてその度に謝る事ばっかりで少しへこんでおりましたが、北海道でリフレッシュ出来ました・・・と言っても私の北海道合唱連盟の帯広で行われた合唱コンクールの審査と家内のちょっとしたレッスンの用事が重なったので仕事の合間を見て富良野を訪れました。数年前に玉川グリーンハーモニーの面々と訪れたファーム富田で美しい花々と美しい空気に触れてきました。今回は様々な用事をこなす関係で千歳空港からレンタカーで周ったのですがホンダフィットと言う車もなかなか快適でした! 北海道だともう少しスピード出易い車が欲しくなるでしょうけどね 

100917_160451.jpg100917_153029.jpg100917_161442.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富良野の後私は合唱コンクールで二日間見事な北海道の中高生達の合唱の審査させて頂きまして、帯広で毎日良く呑み良くご馳走を頂きましたが、家内は毎日車でかなりの距離走りまして遊び捲くっていたようです そして今夜!私が審査を終えると同時に世界のマエストロ大勝秀也氏と家内の3人で帯広と言えばこの店! 豚丼のパイオニア「ぱんちょう」で豪華な豚丼の最上クラス「華」を頂いて来ました 豚の美味さもさる事ながらそのタレの味とご飯(華・梅・竹・松・・・豚丼発案者で創業者が梅さんと言う方だった為に、松竹梅のランクが逆になっているのです)が美味しかった!! 大盛りが無くてご飯の量は皆一緒で、豚肉の量の違いでランクが違う昭和8年創業のこの店! 帯広訪れた際には皆さんも是非どうぞ

ところで今日B級グルメ選手権で甲府のトリモツ丼がゴールドだそうです!!また甲府で呼んでくれないかなぁ・・・ってこの歳でまだ食い物にだけ惹かれて行く寂しい我が身に情けない限りですが、美味しくものを食べるって大事なことですよね!

100919_182655.jpg100919_180609.jpg100919_175959.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚丼を平らげた後車を飛ばして直ぐ近くの十勝川温泉まで行ってゆったりのんびり良い温泉につかって来ました

なんか知らないけど全身つるつるで見て観て診てぇーって感じです! 帰りに超お勧めと言う回転寿司に立ち寄って雲丹と北寄貝他をちょっとだけ頂いちゃいまして今日が終わりました さて明日はまた札幌から東京に戻り、日の出混声合唱団の集中練習に向かいます。

ところで・・・東京ってまだ暑いのぉ!?

100919_202219.jpg100919_202339.jpg

娘の名刺・・・(;◇;)

娘がOLに成って早や半年・・・初めて会社で名刺を作ってもらって持ち帰ってきた!

チョッピリ洒落っ気のある会社だけに、デザイナーの肩書の隣に恥ずかしい様な嬉しい様な文字が並んでいました・・・社長さんには感謝ですが

知りたい方は娘から直接貰ってやって下さいね

大きくなったなぁ・・・大人になったんだなぁ・・・・今想像して苦しんだり泣いたりニヤニヤしてる事なんかも、あっという間にやって来るんだろうなぁ・・・

今日から急に秋めいた気候のせいか、なんだか妙にしんみりしている今夜でした。

明日はまた早いんで・・・お休みなさい!

夫の居ぬ間に口説かれて・・・

夫の居ぬ間に口説かれて・・・、家内はエコカーを申し込んでいました

どっかで聞いたような話で反論も儘ならず、私同様悪徳車販売員の言い成りにされていました

確かにガソリン代って奴が殆ど要らないらしいけど、「雷とかに中ると満タンに成ります」とか無茶苦茶な説明受けて購入したらしい<`ヘ´>

全く油断も隙もない奴だ・・・

しかし最近家内はチョッピリオカシイ・・・韓流ドラマにはまったかと思うと月9の恋愛ドラマに見入って居たり・・・しかも今夜は私がアルの散歩中に突然の豪雨に見舞われ濡れ鼠に成って居たのに家内はって感じでドラマに夢中!

まぁ長く暮らしてると色んなモノに興味惹かれることもあるだろうけど・・・「ソウルに留学する ドラマの主題歌ハングル語で歌いたい!!」なんて言い出さなきゃいいが・・・大事にはしてると思うんだが・・・表向きは

ほんと、なんか最近「そっち行っちゃってる」んですよねぇ・・・

 

 

注意書き:皆様! 話半分・・・いや、四分の一ぐらいで聞いといてくださいね

 

洗足学園音楽大学合唱の祭典

ミューザ川崎に1,000人にあと一歩と迫るお客様の御来場を賜りまして洗足学園音楽大学「合唱の祭典」の演奏会を無事に終える事が出来ました。勿論様々な方々に大変なご苦労とご迷惑とご心配を頂きながらのよれよれ合唱指導者スタッフではありましたが、何はともあれ表向きは大成功裏に終える事が出来ました。お客様お一人おひとりに心からの感謝を申し上げますべきところ、こんな場をかりまして謝辞を述べさせていただきます。本当に有難うございました。

御出演頂きました秋山和慶先生以下洗足学園ニューフィルハーモニー管弦楽団の皆様、ソリストを快くお引受け下さり、素晴らしいアンサンブルをお聞かせ下さった卒業生・講師の先生方、講義の時から本番まで演奏を支え続けて下さったピアニストの先生方、そして作品をご提供くださった作曲家の先生方、自らの作品のみならずパイプオルガンの演奏で御協力下さった先生にも心からの御礼を申し上げます。 

そうそう・・・難しい方の合唱曲の指揮だけを担当して下さったもう一人の合唱指導の先生にも心から御礼申し上げます。

そして昨日の主役!合唱講義履修者の皆に心から感謝します! ありがとう! おめでとう! でもちゃんと後記も出席しないと単位修得は別の話だから気を付けるように

さてさてイヴェントの後に待っているものは始末書書きです。ご迷惑をお掛けした先生方には誠心誠意謝罪しなければ成らないし、誤解の有るところはきちんとご説明申し上げなければなりませんが・・・とにかく今後も、多少なりとも強引且つ無謀さを伴うことがあっても、積極的に洗足学園の合唱のイヴェントを盛り立てて行きたいと心から思わせてくれる大成功の昨日の本番でした。

明日からは後期の授業が始まります!

後期も洗足の合唱はイヴェント続きです! 皆様もどうか洗足学園音楽大学にご注目頂ければ幸甚です

 

さて・・・ホームページにまたまた海外演奏旅行のお誘いのお話を掲載させて頂きました。次回の訪問国は私の若かりし頃の留学先でもあります「イタリア」です! 今回は女声合唱の企画ではありますが、是非御一読頂きまして、ご家族の皆様共々春のイタリアへ参りませんか!? ご応募心よりお待ち申し上げております!

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
  • 奥沢オラトリオ合唱団演奏会
最新コメント
アーカイブ