声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

2009年08月

無くなっちゃいました・・・

無くなっちゃいましたぁ・・・と言っても与党の議席ではありません! 朝の平塚、夜の新宿の合唱団共に今日の練習は台風接近の為中止と成りました! いま我が家の方ではそれ程激しい雨の降りでは無いのですが、確かに空は何となく不気味です  台風の時はなかなかこう言った対応が難しいのですが、今日なんかは充分に練習出来たような気がするし、少なくとも、もっと悪天候の中で練習した事は何度もあったよなぁと思う次第です

昨日は夕方から洗足学園音楽大学「合唱の祭典」の第1ステージで共演して頂くオルガニストの荻野由美子さんとラインベルガーのミサ曲を、初めて全曲通して伴奏合わせをして頂いてきましたが、センスの良い音選びとフレーズ作りでまだまだ経験の浅い、ただただ声自慢に成りがちな学生達の演奏を、宗教曲らしい崇高なイメージへと導いて下さいました

9月5日ミューザ川崎(JR川崎駅直結)14:00開演の「合唱の祭典」に皆様どうぞ奮って足をお運び下さいませ! 曲目は先述のミサに続きまして、今年もまたNHK全国学校音楽コンクールの課題曲を全曲と、「昭和の日本合唱名曲選そのⅡ」と題しまして荻久保和明・鈴木輝昭・木下牧子・高嶋みどり・鈴木憲夫・信長貴冨・千原英喜・寺嶋陸也氏らの代表的合唱曲をお聴き頂きます!

夏休み明けでどうかなぁとは思ったのですが、出演する学生諸君の気合いは中々のものでした! 皆様どうぞご期待下さいませ!

それにしても民主党! 大勝もいいとこですよね! それにしても日本人の乗せられ易さ、踊らされ易さには、戦争を再考する機会の多かったこの夏、私はつくづく愛想が尽きました! こんな国に、もしも好戦的な人気者の国家元首が誕生したらと思うとゾッとします!!

みんなぁ!! もう少し考えて自分自身の行動をとろうよ! 「皆やってるよ! 皆言ってるよ!」が日本を駄目にして来たように思うのです! マスコミのニュースの流し方にも多分に政権交代に対して扇動的な報道姿勢が少なくなかったなぁと感じずには居られないのですよ! なんかなぁ・・・高速もタダになるし、皆で聖地:小岩井農場に合宿にでも行きましょうかネェ!? 

おぉっ!! 横でアルが「俺も絶対に行く!!」と今から張り切って腕立て伏せしてます!(うそぴょん!) 

終わっちゃいました……

 

久々アルです・・・ご無沙汰してました!

私にとっては夢の様な数日を最後に、今年の夏は終わってしまいました。

まだまだ暑いけれど風は確実に秋 9月にはマンションが建ってしまう前の空き地の草むらからは、蝉に代わってコオロギの鳴き声が聞こえています。 あぁ夢のドッグラン!自分があんなに飛ぶように走れる事が本当に嬉しくて、思いっ切り駆け回りました! 涼しい場所だったから本当に幾ら駆けていてもへっちゃらでした! 今朝は0.1トン強の負荷を引き摺って河原まで散歩に連れて行ってもらいましたが・・・直ぐに疲れちゃうし心が躍らない・・・

あぁ! 本能を思い出してしまった僕には、この秋は益々淋しさが身に染みそうです!! 

誰か私を大型犬OKのドッグランに連れてって下さーい! わぉーん!

090828_075851.jpg

合唱団の合宿♪♪

昨日はハモリ倶楽部三度目の収録をダブルダッチのお二人を迎えて、ゴリ部長益々パワーアップの弾け通しに加え、副部長の指摘秘密暴露、ハモリ隊の愛らしさも全開に、私はいつも通りのキンチョーしまくりの控えめに大人しく仕事して来ました!

皆様今週末土曜日の14時からは教育テレビにチャンネルを合わせて下さいね!

今朝車で家を出た私は、リフォーム中でいよいよ居場所が無くなりました二人の女友達と犬二頭を私の仕事に同行させまして、ペットと泊まれるリゾートホテルに来ておりますが・・一番喜んで頂いたのはお犬様達の様でございました・・

私だけは仕事三昧!

小淵沢で合宿しております別団体にもお付き合いして帰ります!

 

090825_154256.jpg090825_162914.jpg

素晴らしい成果!・・・と最後はやはり警察のお世話に・・・

最終日の今日、空は隅々まで晴れ渡り、しかし一日を通して風は爽やかで心地良く、日中でも外では羽織物が一枚要る様な陽気でした!

青い空と白い雲に誘われるままに、家事を忘れたカナリヤたちは外でキャーキャーピーチクパーチクとはしゃいでおりました! この人達、「一日8時間も練習させられるなんてイヤァ!! 遊びに行きたぁい!!」って言い出すに違いないと踏んでいた私でしたが、なんとこのカナリヤ達は今回に限りましては異様なほどの練習熱心さ!! この晴天の中、この景観の中、誰一人遊びに連れて行けと言い出さない!!? これは本当に計算外でした!! しかしその理由は、ペンションのマスターの一言から始まったのでした・・・

090823_134054.jpg090823_123319.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「皆さん本当に良い声ですネェ! 本格的な合唱団ですネェ(ウソピョン!)!! 実はペンションの食堂でいくら練習して頂いても構わないのですが、ここから歩いて300メートルほどの所に、素晴らしい音楽ホールを持ったお宅が有りまして、度々著名な音楽家の方が訪れてはコンサートやセミナーを開かれていますから、もしそちらのホールが空いていたらそこで練習させて頂けたら更に練習の成果が上がるのではないですか!?」と仰るので団長とピアニストに視察に行って貰ったら、口の穴より大きな鼻の穴になって興奮気味に帰って来まして、「スンバラシイホールです! 今日と明日使わせて下さるそうです!!」とのこと・・・下がそのホールの入り口と奥に見えるのがホール! 写真は全くこのホールの良さを捉えては居りませんが、こじんまりとした、この女声合唱団の人数くらいには最適でした。観光地には珍しく、きちんと調律された2台のグランドピアノとチェンバロとオルガンまで置いてある、正に理想的な環境に有るホールでした! 奥様が芸大の楽理科を出られた方で、私の家内と末弟の声楽の恩師で在る方と大学の寮で同室で在られた方でした。この奥様が指揮されておられる雫石混声合唱団にはご主人様も参加されておられると言う正に音楽家の館と言ったお宅でした。このホール、なんと我々の使わせて頂く前日までは芸大声楽科教授の門下生のグループが夏季セミナーを実施されておられたそうで、この日はなんと聖地「小岩井農場まきば園」でコンサートをされておられた由! やはりこの地を愛する方は少なく無いのだなぁと改めて納得でした。 

予断ですがこの奥様、実は画家でもあらせられます!ホールのエントランスにも多くのご自身の作品の絵葉書やカレンダーなどが販売されておられました。 しかしそれは趣味などではなく、明日24日から27日まで、銀座4丁目に在ります教文館4Fのエインカレム(03-5250-5052)で「岩崎賢江(いわさきまさえ) 花の絵展」と題しまして展覧会をされるほどですので、お時間の在る方は是非お出かけ下さいませ!!

それにしてもこのホール無くして今回の合宿の成果は半分も果たされる事は無かったと言っても過言ではないでしょう! 響きが良いので皆声を出す事がドンドン楽しくなって、お互いの声に耳を澄ます事にも積極的に成り、美しい(普段比に拠るものです・・・)ハーモニーを奏でることが嬉しくなって、これ以上の楽しみを他には見出せなくなってしまい、ついには聖地小岩井に在りながら一日中練習と言う暴挙が為されたのでした

090822_122643.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあそれでも季節毎にその姿もイメージも変えて我々の目を楽しませてくれる、あのNHK朝の連ドラ「どんと晴れ」で一躍その美しさが全国区に成った「一本桜への散策時間」を指揮者自ら無理やり「君達はもう集中力が切れているからこれ以上練習するのは無駄だ! 帰りの雫石駅までのバスが出るまでの一時間半は自由時間にします!」と一方的に捻出しまして、緑豊かな道を散策しつつ往復4キロほどの道のりを散歩してきました! 牛の日除けが目的と言うこの牧草地の一本桜・・・ゴールデンウィークの前後に満開を迎えるそうですから、皆様も是非お出かけくださいね! しかし・・・この自由時間が後でとんでもない事件を巻き起こす事に成ろうとは・・・一体誰が予想したことでしょうか・・・

090823_154140.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆それぞれに蕎麦屋でコーヒー飲んだり、ご馳走付けの毎日だったにも拘らず蕎麦食ったりする健啖家も在れば、ペンションの庭を散策する者、無人の野菜売りスタンドに群がる者達など、皆思い思いの自由時間を過ごして、チャーターしておいたバスに乗り込むと・・・OさんとTさんが居ない・・・この二人、常にその行動は健啖家ならぬ探検家そのものでした! 朝から晩まで時間の許す限り周囲を散策されておられた二人でした。慌てて携帯に連絡を取っても繋がらないし、連絡も来ない! 我々の脳裏には合宿初日に訪れた小岩井農場の中の看板「熊が出没します・・・」の文字が胸に頭に去来しました その内出発時間を少し過ぎた頃、「今パトカーに助けて貰ってます!」との連絡が入り、一同驚愕! 写真のような状態でパトカーに乗せられて汗だくでペンションに到着した彼女達への事情聴取の内容によりますと・・・「ガイドブックに在った【森のパン屋さん】まで歩いて行って、パンを買って帰ろうとしたら、パン屋さんが近道を教えてくれたので歩いていた筈なのに、どうやら反対の方向に歩いていた様で、たまたま通りかかったパトカーに連行されて帰ってきた・・・」とのこと。あのねぇ! ヘンゼルとグレーテルじゃないんだから! しっかりしてよね! せめてパンくずでも少しずつ落としながら歩いてればよかったのにね そうしたら今頃熊に追われてたかも知れないよね! ペンションのマスターも初めての経験とか・・・

やっぱり自由時間はどうなっても大丈夫な時間に取っておけば良かったかなぁ・・・でもそんな時間だと今度は何時に成っても彼女達が居なくなった事に気付かないなんて事になってたかも知れないしなぁ・・・まあ無事に新幹線にも間に合って、それぞれ自宅に帰り付いた様だから、全て良しとしましょう!! 本当はここに書けない珍事件も沢山あったんだけど・・・今回は黙っといてやるか・・・

くりの実会の皆さん! これに懲りずにまた行きましょうね! 他の合唱団の皆様も是非計画して下さい! 私は何時でも大歓迎ですから!

090823_163421.jpg

小岩井農場近くのペンション!

今回の合宿でなんと言っても超嬉しい誤算だったのが、庭からの眺めがまきば園にも負けず劣らずの絶景を誇るペンション アルカディア これ全部このペンションの敷地です! 優しいご主人と優しいお料理上手の奥様と、我々が余りに大人数だったこともあり、数名のお手伝いの方々共々本当に心のこもった素晴らしい御持て成しを受けました!! 素晴らしい時間を本当に感謝です! 

090822_072753.jpg090822_072127.jpg090822_071758.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このペンション、前出の小岩井農場資料館館長の方のお勧めのペンションの中から我々が選ばせて頂いたんですが、お庭もお部屋も(一部ご不満のある方々も居られましたが)お料理もお心遣いも満点のペンションでした!

どうですこの夕焼けの美しさ!! バックの山は勿論岩手山です 

090822_183103.jpg090822_183919.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし我々の幸運はこれだけでは終わりませんでした・・・  続く・・・

小岩井農場o(^-^o)(o^-^)o

 

牧場で草を食む羊さん達・・・ 

090821_160013.jpg090821_155814.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し雲が掛かりましたが美しい牧場・・・そうです! また来てしまいました小岩井農場! 歩く姿の美しい後姿のご婦人こそは、小岩井農場資料館館長のN沢様でございます! 親子四代に亘って小岩井農場に携わって来られた由緒有るお家柄のお嬢様で、盛岡コメット合唱団のアルトの重要メンバーのお一人でもあらせられます! あぁ! ここでは花の色までが美しい!!

090821_145252.jpg090821_133222.jpg090821_162259.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は某女声合唱団を唆してこの農場の直ぐ傍のペンションでコンクール前の合宿をするという名目で、総勢32名での旅でした!

当初私はどうせ練習なんて直ぐ嫌になって毎日この農場に遊びに来られると、当然確信してこの地に足を踏み入れたのでした。当初は盛岡コメット合唱団の指揮者で高田三郎作品を振らせたら、現世では 右に出る者が居られないと私が確信致して居ります松田晃先生にホンの少しの時間でもレッスンを受けたいという思いもありこの地に来たのですが、先生は盛岡県の合唱コンクールの真っ最中で全くお時間が取れないと言うことであっさり断念しまして、残念では有りましたが、内心では農場に来る時間が増えたワイと秘かにほくそ笑んでもおったのですが・・・続く!

通夜⇒葬儀⇒合唱団練習⇒レコーディング

090818_184427.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空乳伯母さんのお葬式は本当に沢山の知り合いが集まり、石川県山中温泉と言う町の葬儀場で行われました。久々に会う親戚や従姉達と、もう少し明るい話題で会いたいネェなどと話しておりました。伯母は三人の姉妹を育てたんですが、久々に三姉妹が集まって伯母の入所中の特養で行われた「ゆかた祭り」を楽しみ、大そう元気に話をしていたようですが、娘達(娘ったって皆孫がいるような年ですが・・)が「また来るネェ」と言って特養を後にしてから数時間の内にクモ膜下出血で帰らぬ人と成りました。幸せな死に方なんてものは無いんだろうけれど、最後まで伯母らしい潔さを持ったままの最期でした! 通夜の後の席ではスキンヘッドに成ったトラック運転手をしている従兄が殆どプロレスラーのような強面になっていたのでからかったり、その兄貴は昔のやんちゃ坊主のままの顔で「秀幸! NHK出とるんなら、ワシ等も歌手でデビューさせや!!」と無茶苦茶な事言うわで、不謹慎にも異様な盛り上がりを見せてしまいました。そのお父さんと言うのが本当にお元気でして、94歳の御歳で、町の有名な自転車暴走族御爺さんなんだそうで・・・息子達は心配するやら呆れるやらで、しかし本当にシャンとしてました! 「歩けん様に成ったしぃ、仕方ないさけ自転車乗っとるんやわぁ」・・・って可笑しいよネェやっぱし!? 流石に伯母の娘達は憔悴してたけど、俺が大型免許取った原因はこの次女と三女の亭主が大型免許持ってて色々と運転してくれたからで・・・特に三女のご亭主はプロの観光バスのドライバーで、カッコいい事この上なしで、しかも空乳伯母をずっと同居して見てくれた優しいご亭主です!この息子達がこれまたタイプの違う美男子揃いで皆独身! 皆様如何ですか!? 私と親戚になりませんかぁ!?

亡き伯母には本当に申し訳無いほど盛り上がったお通夜でしたが、この晩はこれまた山中塗りの会社を経営する従兄の家に泊めて貰って(なんと11時に寝ちゃいました!)、クーラー要らずの川風でグッスリ就寝! 今朝は6時半起きでやはり従兄のご亭主の社長様自ら私を小松空港までお送り下さり、母へのお土産まで頂いて機上の人と成りました!

空乳伯母の計らいかどうかは知りませんが、帰りの飛行機はポケモンジャンボジェットでした 内装のカーテンとかまでポケモンで中々可愛くて良かったです! 行きも帰りも私の目の前に座った可愛らしい感じの良いスチュワーデス(スカイアテンダントでしたっけ!?)の方とも仲良く会話させて頂き・・・「伯母ちゃん・・・ようねぇ!気の毒なぁ・・・どーしよ!」

さてさて、羽田には定刻に到着! モノレールも浜松町までノンストップに乗車出来まして思いの外早く次のご葬儀の場に到着出来ました。こちらはまだまだお若いお母さん! ご主人様の喪主挨拶にも有りましたが、闘病生活中も本当に明るく周りを気遣う美しくも優しい方でした。実はこの春に道端で僕の前でいきなりカツラを外されて「ほらっ! こんなんなっちゃったぁ・・・〇〇さんみたいでしょう!?」って笑って見せてくれたけど、私はあの後ひとしきりトイレで涙したんですよ!!和子様!! 

いつも皆の「和」の中心に、しかしいつも笑顔を湛えて皆の喜び悲しみ苦しみにいつも気を配ってくださる方でした! このお宅は代々歯医者さんの家系でして、私も定期的に観て頂いてるんですが、診察に行くと必ず私を奥座敷に呼んで下さって色々とご馳走して下さったのも和子様でした! 私が歯の治療の後にも拘らず美味しそうに食べるのを、和子様はいつもニコニコと見ておられまして、少々恥ずかしい思いをしたもんです。 コーラスくぼまち、文京シティ・コア他でコーラスを歌い続けられ、特に私の指揮します文京シティ・コアにはご家族全員を連れてきて、皆でエリアやヨハネ・マタイ受難曲も歌っちゃいましたよネェ!? 9月の末に本番の「パウルス」にも皆さんでご出演頂ける筈でしたのに・・・本当に返す返すも残念でなりません! ご主人様の深い愛情のこもったご挨拶に続いて、出棺の際にはモーツァルト作曲の“Ave verum corpus K.618”の合唱を指揮させて頂きました・・・お寺なのに・・・和子様ご存知ですか!? この曲はモーツァルトが私の為に書いてくれた曲なんですよ! この曲を書き上げたのがなんと、1791年6月17日・・・私の誕生日なんですよ・・・年は勿論違いますけどね! 和子様の戒名には響・誉・和・香の文字が刻まれていました! 貴女の周りに居れた人間は本当に幸せでした! 有難うございました! これからもご家族の上に、我々淋しくてしょうがない友人達に、いつも和の響きと香を、皆の誉れとしてあの美しい笑顔と共に永久に与え続けて下さいね・・・

生涯初めての葬儀のハシゴで悲しい疲れに襲われまして、とにかくサウナスーツのような黒服を、一旦帰宅してシャワーを浴びて着替えて出掛けようとしたら・・・転寝しちゃいまして午後の玉川グリーンハーモニーの練習に遅刻で到着! 新実徳英氏のジャズ風なお洒落な合唱曲がヴォイストレーナーの大森智子さんとピアニストの河本充代さんの御指導で快く響いていました! これなら秋の町田の合唱祭も来春の定期演奏会もバッチリ・・・に成る様に頑張りましょうね!

そして夕方遅くには三鷹の芸術文化センターに移動しまして三男の嫁の なかにしあかね の合唱曲のレコーディングに合唱団員&一曲だけ指揮で参加しました! 明日も一日レコーディングです! 帰宅後に愛犬の散歩に出ると河原ではもう秋の虫がチョッピリ淋しげな声で鳴いていました

人が生きて死ぬって事・・・一人一人の生きた証がきちんと残せる方々ばかりのご葬儀で良かったなぁなんて、少しへんてこな感想を抱きながら・・・さて明日も歌ってきます! 「今日もひとつ 悲しいことがあった 今日もまたひとつ 嬉しいことがあった・・・」星野冨弘さんの詩が、心に染みて染みて・・・おやすみなさい! 

090819_080754.jpg

まだまだ夏の暑さは続きます!

どうぞご自愛下さいませ(;_;) ピカピカ!!

空乳伯母さん・・・逝く!

父の兄弟の一番上の姉が他界した・・・享年92歳!!

私が生まれた頃父母は共稼ぎで父の母、姉達が交代で私や次男の面倒を見てくれた。特にこの伯母は私が愚図ると、とっくに出なくなっていた空乳を含ませてあやしてくれたそうな! 

この伯母の長女つまり私の従姉は、私が物心ついた頃には我が家に同居していたし、私の娘の面倒も良く見てくれたし、父の事務所も手伝ってくれた。

そんな伯母を今年の冬に特養に見舞った時には私の訪問を随分と喜んでくれた。 

本当にお世話に成りました! 有難うございました・・・

なんか色々なことがあり過ぎた夏でしたが、思い返せば決して忘れられない2009年の夏になりました。 

Requiem eternam Dona eis Domine!

アニバーサリー(  ̄▽ ̄;)

今日は終戦記念日でしたね・・・皆様黙祷は出来ましたか!? 私は練習の終了時間と重なりまして機会を逸してしまいました。

戦争と言う悲しい状況下に在ったとは言え、我々子孫の為祖国の為に犠牲と成られた皆様の御霊に対し、どうか安らかな安息をお与え下さいませ!

090815_182635.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、写真はEnsemble 14の歴代代表者です!  ヨハン・セバスチャン・バッハをこよなく愛するこのグループは来週8月22日に創立11周年の記念日を迎えます! 向かって右側がカウンターテナーの初代代表のN神君! このグループの中で愛妻を射止められ、今では二児のお父様です! 左側は現代表のバスのT内君! 来週が第1回の練習が行われた創立記念日でして、再来週は初めて私が練習に足を運んだ日なんだそうです。今年も私は来週はお休みで29日に参上致します。 この妙な顔をした二人に私はどれほど感謝してもし切れないのです!!

そんな彼等と今日の朝から夕方までの練習の疲れを癒すべく、ベルギービールのお店に立ち寄っていざ乾杯のその時・・・私の携帯メールにやはり私の恩人の奥様御懐妊のお知らせが・・・新しい命の誕生の知らせを皆でお祝い致しました

それから30分ほど経過した頃でしたでしょうか・・・・やはり私の大切な女性の友人の訃報が、同じ携帯メールに届きました。9月のご家族皆さんが合唱で参加されておられる演奏会には、最悪でも聴衆として御臨席頂けると信じておりましたのに・・・哀しくて悔しくて成りませんが・・・我々合唱仲間の間に残されたこの友人からの宝物を胸に、必ずや演奏会を成功させようと胸に誓いました。

O野和子さん本当に有難うございました・・・もう一度お会いしてお礼を申し上げたかった。何とも言えず、胸が締め付けられる様な淋しさを覚えます。ご遺族の皆様を、我々合唱で結ばれた仲間達を、どうか何時までも見守って下さいね。 悲喜交々の終戦記念日に・・・・あぁっ! しかしやはり悲しい!!

合掌!

レギュラーな日々

旅の続いた今夏ですが、富山から台風の影響で100分の飛行時間と1時間以上の遅れが重なってよれよれと帰宅しましてからは火曜日水曜日と昼間は合唱団の指導、夜間は義妹なかにしあかねの合唱作品のレコーディングの練習に、合唱団員としてまた指揮者として参加しています。THE SONGSTERS(歌手達の意)と言いますこの若い歌い手たちの集団に一人親ぐらいの年代の私が加わっている事に日々抵抗を覚えながらも、楽しくENSEMBLEさせてもらってます。来週の二十日がレコーディングですが、皆様には来年の1月のコンサートでCD共々ご披露させて頂きます。

今後ともこのグループ、そしてなかにしあかねの作品を宜しくお願い申し上げます!

さて9月には身内のコンサートが相次いで行われます!

まず9月19日土曜日には辻裕久&なかにしあかねによります、第13回英国歌曲展《Let Us Garlands Bringいざ花冠を捧げよう》が銀座 王子ホールにて18時開演で開催されます。

9月28日には家内の佐竹由美がアメリカの歌曲を中心にしたプログラムで英米歌曲シリーズVol.1としまして 浜離宮朝日ホールにて19時開演で開催されます。

私や二男の志朗は9月5日のミューザ川崎での洗足学園音楽大学合唱の祭典を皮切りに、相変わらずの合唱コンサートやコンクールの審査などに明け暮れる今秋です! 今後とも辻ファミリーを宜しく御贔屓にお願い申し上げます!

 

さて追伸で申し上げるのも何なんですが・・・父の音楽活動の拠点となっておりました新大久保にございます辻音楽事務所(辻音)ですが、今週10月をもちまして、一部貸しスタジオのみを残しましてマネージメント業務を終える事と成りました。

私はここ二十数年この事務所とはマネージメント契約を行っておらず、父亡き後も二男志朗が主催者として、吾妻典子が社長として業務を続けて参りましたが、一抹の寂しさはあるものの、その業務を終える事と成りました。 私はご挨拶する立場にはございませんが、父の生前、この辻音楽事務所(辻音)を通しましてご厚情賜りました沢山の合唱・音楽関係の皆様に厚く御礼申し上げます。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
最新コメント
アーカイブ