声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

2008年09月

四泊五日(;_;)(^O^)/

080929_193700.jpg

 

 

 

 

盛岡に行ってきました!

みちのく盛岡に木曜日の夕方に入りまして、良さそうなお店を探して先ず街にフラァーっと出掛けまして、そうしたら結構強い雨脚が・・・仕方なく明日からのステージ用の靴しか持ち合わせが無かった私は慌てて未だ開いていたスポーツ店に駆け込みまして、濡れても問題ないというスニーカーをゲットしまして颯爽と街を歩き出すと・・・足がビショビショ!! つまりは、濡れても靴は傷んだりする事はありませんと言うことらしい・・・俺の足はどうなるんじゃいっ!! しかしまぁこれも全ては月曜日の小岩井ピクニックの為! 確かに軽いし歩きやすいので一応は合格点! そのスポーツ店で紹介されたとっても美味しい居酒屋さんで軽く夕飯を済ませてコンビニでお水買ってホテルに帰ると合唱指揮者のS水K一氏からTELが在り、何してるぅ!? 良い店知ってるうっ!?」て聞くので再び先程の居酒屋さんへ・・・ご主人には大笑いされたけど二度目のお通しでチビチビやっていると、何と今度は作曲家の大御所T島女史も合流されて貴重な時間をその店で過しました! 翌日からは3日間、高校生の部・中学生の部・大学職場一般の部と、延べ130余団体を審査してもうヘロヘロ・・・

自分では信念を貫き通したつもりの審査結果でも、様々な方のお怒りを買い、叱責を買い、感謝されたり貶されたり・・・・本当に大変なお仕事ですが、合唱団員の皆さんが一年を通して努力して来られた結果の審査ですからこちらも本当に真剣に立ち向かいました!! どうぞ皆さん何なりとご質問にはお答えしますのでメールなど頂ければと存じます・・・殆んどは講評用紙に書き殴ったとは思っておりますが

自分も父の指揮で歌ったり、自分自身でもコンクールと言うものに何度も挑戦してきましたので、審査員を何度殴ってやろうかと思ったか知れませんが、本当に心身共に疲れる仕事でした! しかしまた同時に東北の合唱文化のレヴェルの高さを目の当たりにし、心から感動し、感心し、それらを通り越して呆れたりしながら聞き入ってしまった3日間でもありました! 東北合唱連盟の皆様本当にお世話に成りました! 特に開催県の岩手県合唱連盟の皆様には温かい御持て成しを頂きまして恐縮致しております。

お世話に成ったそのほかの審査員の先生方、S水マーボー、H川H枝様、M山H樹さん! お世話に成りました! また・・・ご迷惑も沢山お掛けいたしました

正直の所最終日は、結果的に私の採点によって審査をかなり掻き回してしまった嫌いがありましたので、皆様へのご挨拶もそこそこに、会場をこっそり早々と引き上げまして、再び合唱指揮者のS水K一君と街中を首をすくめながらさ迷い歩いておりますと、それはそれは偶然とは言え素晴らしい居酒屋を見つけ出す事が出来ました! お陰様で彼やお店のマスターや女将さん達と様々な会話をさせて頂くことで少しずつ心は落ち着いてきました!

さぁ!!翌朝です! 皆さんとお別れしてすぐさま、私は迷わずレンタカーを借りまして、心の聖地、癒しの郷、小岩井農場へと向いました! ついでに東京から女も呼び寄せまして、朝から殆んど閉園時間近くまで、3千ヘクタールもある農場内を時には車で、時には徒歩で歩き回りました!・・・あっ!違った! 牛馬羊鶏混声合唱団の指導をして参りました 勿論スニーカーは大活躍でした! テレビの連続ドラマ小節でもスッカリ有名になった一本桜もしっかりと観てきました! 帰りには少々歩き疲れた足を某温泉で癒し、足裏&脹脛マッサージまでして頂き、じゃじゃ麺(チータンタン付き)を頂いてから「はやて」に乗り込みました! 帰ってからは5日振りにスッカリ重たく戻った身体に鞭打ちながらアルの散歩を決行して参りました! 喜怒哀楽の3日間で30時間余り座りっぱなしの感動のお仕事&美味しい料理に御酒に会話に癒しに出会いと別れ・・・・本当にこの五日間は「こいわいっ!!」 

今朝は朝早くから夕方まで大学で講義して来ましたが・・・・彼らが果たしてあの東北のコンクールに出場したような学校に赴任に成ったらどうなるんだろうと心から心配しながら、いつも以上に熱の(冗談の!?)籠った講義をさせて頂く事が出来ました! 夕方以降はこれまた声楽アンサンブルの練習に歌い手として参加して参りましたが・・・良く良く考えたら変な人生だなぁ・・・本当に有り難い人生をプレゼントされたと感謝はしていますが・・・・幸せなことが多ければ多いほど、最近は次の人生が少しだけ心配に成って来た私では在ります・・・ そのうちきっと、小岩井ツアー企画しますからね

辻裕久英国歌曲展 詳しくは彼のHPへ!!

第12回 英国歌曲展 辻裕久テノールリサイタル XII

~ 牧場にそって ~ ヴォーン・ウィリアムズ没後50年

呑んでません食べてません!!

ホヤなんて食べてません! 烏賊刺しを頂いた後に板さんがカマンベール状態の腸を出してくれて喜んで食べて日本酒追加したりしていません! 地酒三点セットなんて呑んでません! 一度部屋に戻ったのに合唱指揮者仲間に誘われて同じ店にもう一度行ったりしてません!! 帰ろうとしたところに作曲家の方が後からいらして呑み直しにお付き合いなんてしてません!! だって今日はコンクールの審査ですから

それにしても爽やかな朝! 朝風呂も浴びてこれから朝食を頂いてコンクール会場に向かいます!

全国一のレベルの地方大会! 楽しみだけど・・・果たして私の能力で僅差の勝負を審査できるんだろうか!? 期待と不安と・・・でもやっぱり良い物沢山聴いてきたいです!! 皆さんも元気にこの週末をお過ごし下さい

 

全日本合唱コンクール東北大会審査員

9月26日から28日

盛岡にて全日本合唱コンクール東北大会審査員

今週末から来週に掛けての絶対お勧め演奏会のご紹介!

行けば必ず幸せに成れる演奏会ばかりです・・・・

不幸に成る演奏会のご紹介は控えさせていただきました・・・

 

 

木下牧子 作品展3[室内楽の夜] 

【日時】9月26日(金) 開場18:30/開演19:00

【会場】津田ホール(JR千駄ヶ谷駅前)

【出演】柴田美穂(Pf)

    
佐竹由美(Sop)早川りさこ(Hrp)銅銀久弥(Vc)竹島悟史(Perc)

    武田忠善(Cl)瀬川光子(Vn)柴田美穂(Pf)

    間部令子(Fl)村居 勲(Perc)

    小林巨明、西久保友広、村居 勲、横田大司(Perc) 

    菅原 淳(Solo Perc)小林巨明、西久保友広、村居 勲、横田大司(Perc)

【曲目】木下牧子:ピアノのための「夢の回路」

    木下牧子:Sopと室内楽のための「ヴォカリーズ」

    木下牧子:Cl.Vn.Pfのための「ねじれていく風景」

    木下牧子:Fl.とPerc.のための「夜はすべてのガラスである」

    木下牧子:打楽器アンサンブル「ふるえる月」

    木下牧子:打楽器コンチェルト
【初演】

【料金】全席自由 ¥4,000(前売り終了 当日券あり

【お問い合わせ】新演奏家協会 03-3561-5012

 

 

9月27日(土) 16:00開演 杉並公会堂大ホール

           荻窪駅北口から徒歩7分



第4回 ICUメサイア演奏会



指揮:長谷川朝雄

ソプラノ:佐竹由美  アルト:小川明子

テノール:中嶋克彦 バリトン:Kyu Won Han

ICUメサイア合唱団 

チェンバープレイヤーズ・トウキョウ



全席自由:3500円 

お問い合わせ・チケット申し込み:

小川洋司 03-6760-7391

icu.messaiah@gmail.com

主催:ICUメサイア実行委員会 国際基督教大学同窓会

 

 

2008年9月28日日曜日 18:00開演

会場:東京文化会館小ホール(JR上野駅公園口より徒歩1分)

曲目:2つのイギリス民謡、牧場にそって、生命の家、ウェンロックエッジにて

入場料:全席自由¥3,500

出演:テノール:辻 裕久/ヴァイオリン:海和伸子・小林久美/ヴィオラ:林康夫/チェロ:松岡陽平/ピアノ:なかにしあかね 

 

 

Lieder von Franz Schubert



F.シューベルトの歌曲




テノール:大島 博

ピアノ:星野 明子



【日時】

2008年10月05日(日)

開場14:00 開演14:30

【場所】

日本大学カザルスホール

【入場料】

全席自由:前売¥3,500 前売学生¥2,500 当日¥4,000

【チケット取扱い】

03-3948-5383

 

 

 

 

竹島悟史サウンド・ガーデン vol.2 (マリンバ・打楽器・作編曲) 打楽器リサイタル

竹島悟史blog:http://soundgarden.air-nifty.com/blog/

共演:佐竹由美(sop.)  早川りさこ(Hp.)  銅銀久弥(Vc.)

日時:2008年10月7日(木) 19:00開演

会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

全自由席 4,500円(税込み) 

お問い合わせ:株式会社1002{イチマルマルニ}:03-3264-0244 http://www.1002.co.jp

 

 

当て逃げされました・・・(☆∠☆;)

今日の集中豪雨の時間帯・・・八王子インター付近のラーメン屋さんの駐車場で当て逃げされました! 信じられないような雨だったから気が付かなかったのかも知れないが・・・かなりの修理代を覚悟しなければならなさそうです! なんかここんとこ身体と言い車と言い運気低迷って感じだなぁ・・・

一応八王子警察署に届け出たけど、「災難と思って頂いた方が、引き摺らないので・・・頑張って下さい!」と慰められちゃいました! でもねぇ・・・日の出混声のピアニストが、「これで全部の厄落としですよ!」のお言葉はなんか自分を吹っ切る切っ掛けには成ったよ! 有り難うね!

そして昨日も今日も朝から夕方までみっちり練習したEnsemble14と言い、夜の日の出混声合唱団と言い、非常に充実の時間を持つことが出来ました!

Ensemble14の本番は11月16日日曜日に川口リリアホール(JR京浜東北線:川口駅直結)でマチネの本番! 日の出混声合唱団は11月30日日曜日に秋川キララホール(JR五日市線:秋川駅から徒歩5分)でやはりマチネ公演です! 修理代稼ぎの為にも絶対に良い本番にしますから! 皆様ご来場下さいね!

昭和30年代生まれが危ない・・・か!?

世の中が急激に変化して、特に世界大戦後の日本の変わり様は目を見張るものがあったんでしょうねぇ!? だからそんな時代に生まれた昭和20年代後半から30年代終盤に産まれた世代は危ない(長生きできない)と言われてきました! その原因は色々在りますが、急激な経済成長が齎した日本人の体質に必ずしも適しているとは言えない飽食の時代。専業主婦の就職が齎した感のあるインスタント食品の無秩序な広がりと森永砒素ミルク問題、急激な環境汚染、公害、核家族化が齎した死生観の欠如など等・・・

便利さを追求すると言う大義名分の下に、新幹線網・高速道路網は全国に張り巡らされ、歩かずに食べる北京ダック状態を強制され、私もこんな体型に成りました・・・んがぁっ!! 今は、今正に産まれて来ている子供達のこれからは一体どうなんだろうか!? 「人体に影響は無いけど毒物混入」って表現はどうしても納得できない! 遺伝子への影響とかの実験データも含めて不安で一杯だ! 良薬新薬を日進月歩で医療関係の皆様が作り出してくださっていても、強い薬が必ずしも毒素を中和させ、病を根絶しているとは言えず、寧ろその結果強烈な新ウィルスを生み出す結果に繋がっている例も多くある! 除菌消臭ブームは相変わらずで、我々は益々「菌」への抵抗力は落ちて、そのうち「お年寄りはお孫さんを抱いては成りません!!」なんて条例だけは生まれて欲しくないよなぁ! 更にパソコン・携帯に代表される新しいツールによって、アナログな人間同士の関わり合いが苦手な人がどんどん増え続ける! 結果他人の痛みに鈍感に成り身勝手が横行する! 勿論私自身耳が千切れるほど痛い言葉ばかりだが、これからどんな世の中に成って行くんだろうか!?

日本人の旅行好きは、見聞を広めるというよりは、日本が母国である事は便利で比較的治安が安全で清潔さに敏感で有り難いけれど、このままではいけない! こんなことしてて良いんだろうかと感じて旅する人が多いように思えてくる! 日本人は旅する事でその土地に行ったと言う事実が大切に成る! 「何処何処に行ってきました!」なんて名前の土産物は外国では目にした事が無い(もし売り出したら日本人ウケはするだろうなぁ・・・)! かく言う私も、文化的且つアナログだけと言っても過言で無い仕事をさせて頂いていながら、このブログでも度々ご紹介しています小岩井農場で、身も心も頭の中もすっきりと洗われた気分にさせられたものです! ならば我々の日常の生活圏では一体何が病んでいるんでしょうか!?

正直毎日の様にニュースや新聞紙上で頭を下げておられる中小企業の代表の方々が極悪人にはどうしても思えてこない! 姿がみえない社保庁の保険料改ざん及び中間搾取したんであろう極悪役人達は「謝る」という言葉すら理解できない人種なんだろうなぁ! まぁ、相撲協会の前理事達もそうだけどなぁ・・・

俺は、人間がこの世と言う短い期間にだけ生きているとは思っていないから、前世も後世も更にそのまた前後にも様々な人生があってバランスが取られているんだろうと思うからそれ程怒りと言うものは長続きしないんだが、残り確実に半分を切ったと思われる今と成ってみると、来世の為にチョッピリ良い事しときたいとは思うように成ってきました。 合唱って良いですよ! 本当にこんな事を仕事として認められた私は幸せ者だと心底思っていますよ! 人間関係においてもお互いに気を配るようになるし、気を配れない人の対処法のような事も自然と身に付いてきますよ! 様々な業種・趣味・趣向・宗教・価値観をお持ちの方々と時間を共有してひとつのことを成し遂げる努力をする・・・美しくなる様に各人が努力する・・・こんな高尚な営みは人間界に他に無いかも知れません! だから演奏旅行なんて目的のはっきりとした旅がどれほど素晴らしい事かお解かりに成りますか!!?

皆さん! 私と一緒にプラハに行きましょう!! ウィーンに行きましょう!!

「そこかいっ!!」なんて・・・・・・怒っちゃイヤッ!!

ナンパされちったい(*^。^*)!!

今朝最寄のセブンイレブンの前でナンパされました! 向こうは20歳くらいの可愛い女の子でした!! 「スイマセーン! 一緒に写真撮らせて頂いて良いですかぁ!!?」の弾んだ笑顔と明るい呼びかけについ「勿論です!」なんて言っちゃったら・・・・いきなり彼女の携帯を渡されました!! ???

彼女は私の愛犬アルを抱きかかえる様に、ぴったりと寄り添って座り込むと、こちらに向ってVサインを送っているではないですか!! そうです! ナンパされたのはアルの方でした! 「他人の様な気がしなくてぇ~!!」と言う彼女は、確かにアルと同じ模様のT-シャツを着ていました! あのねぇ!! 他人どころか他種族だからね!! 不愉快な一日の始まりでしたが、その後は桐響会の合唱団の皆様と作曲家自らのレッスンを受け、皆で美味しいランチを頂き、午後は頼もしい青年に私が指揮出来ない日の本番の代振りをして頂く為に、玉川グリーンハーモニーの練習を指導をして頂き、少しの間見学して来ましたが、流石合唱王国福島県の出身者だけ在って大したものです! 26歳とは思えぬ堂々とした指揮・指導振りで、心配して損した私はすごすごと会場を後にして床屋さんに行ってきまして、夜は恵まれた事に美女の皆様と音楽会の打ち合わせをデレデレとして参りました!!

おっ!! また今夜もアルが私を呼んでいますが、罰として今日は少し短めのお散歩にしちゃいます!! 

へんっ!! イイキニなんなよな!!!

体調もマイカーも戻りました!

長患いだった体調も、体調同様原因不明の長患いだったマイカーも今朝漸く戻りました!

皆様からは温かく時に冷ややかに、また時には厳しくご注意、叱咤激励いただきました! この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます!

体調が悪い時にはブログまで愚痴っぽくなってしまって済みませんでした! 友人にも忠告頂きました! ありがとうね

考えてみたらきちんと名前のつけられる病気の方がまだまだ少ないのかもしれませんね・・・・だって、アレルギーや鬱病、心神喪失なんかも、30年前と今では社会からの扱われ方が全くといって良いほど違いますよね! これから身体の様々な信号に少し敏感に注意深くあらなければと痛感したこの3週間ばかりの時間でした。高級代車のパジェロ君とも今朝、ガソリンを満タンにして「しばしのセレブ気分」に感謝しつつお別れしてまいりました! 確かに良い車でしたが、マイカーに乗ってみるとやはり走りは滑らかで軽快!! 私にはやはりこちらがお似合いのようです! 三菱も随分と念入りに調べてくださり、確かに様々な部分で微調整もしてくださったのか、走りもご機嫌でした! 車の方も病名は未だハッキリはしないのですが、自分と一緒に体調不良になるあたり・・・何となく憎めない奴です! パジェロへの浮気心を詫びてから乗車しました

皆様はこの夏の猛暑とゲリラ豪雨などなど、如何お過ごしになられましたか!? お疲れが出るのはこれからかも知れませんよ! どうぞご自愛下さいね!

私は様々な予定がレギュラーに再始動し始めました! 秋冬の音楽会モードに突入です! 今シーズンは歌の本番あり指揮の本番あり地方巡業あり海外ありと来年春まで気が抜けませんが、体調だけは保って良いシーズンにしたいものです! 皆様どうぞこれからもご支援の程よろしくお願い申し上げます!

おっと愛犬のアル君が呼んでます!! 今から夜の河原散歩してきます! 明日は洗足学園音楽大学の秋期講習会でチョッピリ仕事してから午後はメサイアを、夜もコーラス指導に明け暮れます! なんでも世間は3連休だとか・・・良い時をお過ごし下さいませ!

マリアの記念日にプラハの地で、マリアとイエスとドヴォルジャークを思う演奏会

今年の12月8日に混声合唱団樹林のメンバーを中心にチェコのプラハにありますスメタナホールで、現地のオーケストラとソリストとプロの合唱団員のエキストラの助力を頂いて、ドヴォルザーク作曲のスタバートマーテルを演奏します。今年5月に樹林はこの曲をミューザ川崎のホールで演奏致しましたが、その引越し公演と言う事に成るのですが・・・時期も時期、場所も場所と言うことで人数の集まりが今ひとつ・・・(涙) 無論一般公募も掛けては居ますが、中々この曲の演奏経験をお持ちの方がいらっしゃらなくて困っております。例え合唱団員が少なくても、エキストラを増やせば済むことなんですが、このままだと日本人と現地の合唱団員の方が半々になってしまいそうで悩んでおります。 「遠き山に日は落ちて:堀内敬三作詞」と共に日本人が最も愛して止まない交響曲「新世界」をはじめ、数多くの名曲を輩出したドヴォルザークは勿論この地で生を受けた作曲家です。 順風満帆の作曲家人生のように思われがちな彼ですが、私的には長男以下3人の子供を病気で失うという悲劇(無論当時としては今日よりはそう言う確率は高かったのでしょうが・・・)に見舞われ、その妻もかなり憔悴しきっていたようですが、そんな中で書き上げられたのがこの「悲しみの聖母」です。 尚ドヴォルザーク(ドヴォルジャークの表記も最近は多いですが・・・)はこの曲を書き上げた後に6人の子宝に恵まれるのですが・・・

この曲は確かにテキストが聖母マリアの悲劇を表している訳ですが、ドヴォルザークの付曲はあたかも、子供を失い悲哀にくれる妻への慰めとも励ましとも取れる呼び掛けに終始しているように思えてなりません。ある時は悲壮感に、またある時は慈愛に満ちた美しいメロディー満載のこのオラトリオの名曲を、聖母マリアが彼女の母アンナの胎内に宿ったことを記念する「無原罪の聖マリアの祝日」に、この地で演奏できる栄誉に、身の引き締まる思いです。

ところでマリアの記念日と近代日本の歴史の節目の記念日が意外なほど重なっているのをご存知でしょうか!? 日本に初めてキリスト教を伝えた宣教師フランシスコ・ザビエルは1549年8月15日に鹿児島に上陸しました。日本に着いた日が、ちょうどこの聖母マリアの「被昇天の祭日」に当たっていたこともあって、ザビエルは、日本を聖母マリアに捧げたと言われています。 この日はご存知の通り太平洋戦争の終わった1945年8月15日と重なります。そしてサンフランシスコ講和条約が、サンフランシスコで調印されたのは、1951年9月8日。この日は、「聖母マリア」の誕生日に当たります。そして、12月8日「無原罪の聖マリアの日」は、正に1941年12月8日、日本が真珠湾攻撃を敢行して米英に宣戦布告し、太平洋戦争が始まった日に他なりません!

こじ付けと言われてしまえばそこまでですが、私は今回の機会に不思議な縁を深く感じています。 スタバート・マーテルのテキストを、本番の日までもう一度じっくりと読んで供えをしたいと思います。こんな重要な記念日に、国一番の権威と歴史あるホールを我々に快く貸与して下さったスメタナホールと、演奏の機会を私に与えて下さったラテーザの遠藤氏にも心から感謝申し上げます。 これだけのはっきりとした演奏する意味の深い条件を与えられての演奏旅行はそうは無いでしょう!

今からでも全く遅くは無いのです! 親切にご指導させて頂きます! 皆様どうぞ奮って私と、プラハへとお出掛け下さいませ!

勿論このツアーにもステージには乗らないご家族やご友人の方々の「応援者コース」も、特別割引料金で御用意させて頂いておりますので、是非ともお問い合わせ下さいませ!!   当ホームページのトップページからもアクセスできますが、以下に連絡先を掲載いたします! 宜しくお願いいたします!

 

 

 株式会社ラテーザ(担当:遠藤 明)

〒102-0072 東京都千代田区

飯田橋1-8-10 クリエイトビル2階 

TEL:03-3263-8900 FAX:03-3263-8906

MAIL:info@lattesa.co.jp

 

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 北とぴあ合唱の祭典
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 与太郎の闘い!! 立て 立ってくれ与太郎
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
  • 過充実超多忙なゴールデンウィーク!!
最新コメント
アーカイブ