ミシュマシュコア東京は公募合唱団という性格上 どうしても公共施設の登録が不可という判断が下ってしまいましたので、利用料金は嵩みますが一般のホール(主に新大久保に有りますコーラススタジオ)で活動を取り敢えず2020年3月まで継続させて頂きます。
その後は私の担当します音楽大学の講義が休みになる、夏期・冬期・春期休みを利用して不定期に続けて行きたいと存じます。
前回取り上げた なかにしあかね作曲「悲しみの意味」全曲を
11月22日(金)15時半~17時半で総仕上げします🎵

来月からは 池辺晋一郎作曲 池澤夏樹作詩の「三つの不思議な仕事」と信長貴富作曲 やなせたかし作詩の「しあわせよカタツムリにのって」を取り上げます。(今週金曜日から楽譜販売を始めます。)
尚この曲は来年3月8日に京都府長岡京市のホールで行われます東日本大震災被災地合唱活動に特化して支援するharmony for Japanの主催する大規模な合唱祭の女声合唱の合同ステージ(指揮は私です)で演奏しますので、ご出演ご希望の方は是非申し出てくださいませ。詳細は金曜日にお伝えします。

参加料は来年3月までは据え置きで1回お一人千円で可能な限り続けますのでどうぞ皆様お誘い合わせの上お集まり下さいませ。

ミシュマシュコアは「女声」であればどなたでもご参加頂けます。団の代表・指導・指揮は私が務めます。ピアノは私と長くお付き合い頂いております河本充代さんにお願いしております。役員などのご負担はお掛けしませんし、単回参加も連続参加もご自由です。但し楽譜はコピーでは無く出版譜をご購入頂きますので、楽譜をお持ちの方はどうぞご持参下さい。ミシュマシュコア東京側でもご用意可能ですがほぼ定価となりますので、ネットなどでお求め頂いたりキャッシュレスで各楽器店でお求め頂くのもお得かと思います。

それでは11月22日(金) JR山手線 新大久保駅徒歩4分のコーラススタジオ☎03-33712562(旧辻音楽スタジオ)でお待ち申し上げます。