12月もイヴェントは沢山有って忙しいのですが、最近はこれでも喉をチョッピリ気遣って第九の指導をエスケープさせて頂いてますので、世間一般の合唱指揮者の皆さんよりは緩く過ごせそうです🎵

来年はお陰様で還暦を迎えます🎵
結構長い期間この巨漢をキープしつつ過ごして来れたことには両親始め医療関係、合唱関係、大学関係、友人、家族、兄弟夫婦、娘夫婦、孫娘等々、本当に多くの方々に支えて頂きました❗
改めまして心から感謝申し上げますっ❗

来年は私が指導に当たります本当に多くの合唱団関係の皆様方が私の還暦をお祝いして下さる沢山のイヴェントが続くのですが、それって結局は全て自分が指揮させて頂く訳でして、余りに多忙に成ることがひとつと、文科省側からの指導に基づいた大学の講義の講師割り振り等のシステムが変更になったこともあり、私が17年に渡りお世話になりました洗足学園音楽大学での講義担当をお引き受けすることが物理的に不可能となった為に今年度をもちまして講義担当から外して頂くこととなりました。

合唱指導しか出来ない、それ以外をやろうとしない我が儘講師を「客員教授」と言う名前と地位で高く評価し採用し続けて下さった大学側には感謝の言葉以外には一言もございません。今後とも洗足学園音楽大学の更なる繁栄を心から願い、お祈り申し上げます! 尚、後任にはあっと驚く合唱界のスーパー寵児が学生諸君の指導に当たって下さいますのでどうか大いにご期待下さいませ(主催者側の発表をご参照下さいませ)!!

そんな中、12月3日には日本基督教団田園調布教会で洗足学園音楽大学大学院の声楽アンサンブル研究の学生の演奏会がございます。洗足のオーケストラ、パイプオルガニストの荻野由美子先生にもご協力頂きましてバッハの教会カンタータ147番を中心としたプログラムでアドヴェントの初日を飾るコンサートを14時開演で致しますのでどうぞお集まり下さいませ!

12月10日には洗足学園音楽大学が誇ります学内の素晴らしい「前田ホール」にて、16:30開演で洗足学園音楽大学「合唱の祭典」がございます! 指揮は私と次男で講師の辻志朗が務めます! どうぞどちらもお聞き逃しの無き様お越し下さいませっ!

そんな訳で今年はチョッピリしんみりと洗足最後のコンサートを噛み締めつつアドヴェントからクリスマスへの日々を大いなる感謝と共に過ごしたいと存じます!

皆様からご心配頂いております私の声の完全復活は・・・もうちょっと掛かりそうです・・・


追伸:12月2日には小田原男声合唱団の演奏会も指揮させて頂きます! 14時に小田原市民会館大ホールでお待ち申し上げます!