声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

ふれあいコンサート ~なつかしい日本の調べ~

会場:豊岡市民会館文化ホール

入場無料(直接会場にお越しください)続きを読む

コウノトリグランドホテル・・・

出石市と言う情緒溢れる町の大きなホテルに宿泊中です。

明日はふれあいコンサート! 今年のレコ大最有力曲も歌います!

皆様是非お越しくださいって言っても・・・東京発12:50分発ののぞみに乗って、京都から福知山線を経由して豊岡町に付いたのは18:00前! それから8時過ぎまでリハーサルしてようやく夕食! これがまた豪華版でした!! おまけに地元の方から松葉のメス蟹を3杯も頂いちゃって・・・明日は歌の本番なので、泣く泣くお茶で頂きました!

それにしてもコウノトリの街までは遠かったぁ!!!! でも良い町です!! 静かな町です!それじゃなきゃコウノトリも中々落ち着いて繁殖も出来ませんよね! このホテルのある豊岡町の隣町の出石(いずし)も静かな城下町です。列車の便がまるで無い為に、観光用に街の中心街が弄られずにそのまま残されたのが良かったんだと地元の方は仰います・・・ ホテルの大浴場も何故か私がひとり占め!!・・・だと思いましたが、私が入った津波で何人かは流されたかもしれません。そう言えば数年前の水害時にはこの辺り一面が水浸しだったとか。日本海からはそこそこの距離はあるものの、海抜8メートルしかないのがその原因とか・・・ 話を戻しまして、女風呂はかなり混んでたと思います(決して覗いてなんか居ません!!!!) だって、ロビーからレストランまで殆どが女性客!! 理由は解かりませんが、何でもこの町が観光の名所として話題になったのが「女性に優しい町・・・」なんだそうです! 確かにこの静かさはそうかなぁ・・・でもこの町、ピアニストで同級生のフミフミフーミンさんのルーツが在るとか!!? 静かな町はああ言う方を産むんだなぁと感慨深げに街を見下ろし、 さぁ! 今日はゆっくり寝て明日の本番をしっかりと歌わねば!

明日の夜には列車を乗り継いで北九州八幡に向かいます。 コロ・フェスタ2007でのアジアの合唱仲間達との新しい出会いも本当に楽しみです!

それでは皆様! また明日!!  VIVA LA  MUSICA!!!

おしゃべりはやめて、お静かに

魅惑のバロックカンタータ II

会場:日本福音ルーテル東京教会

曲目:D.ブクステフーデ カンタータ/J.S.バッハ カンタータ BWV 55, 211 他続きを読む

いよいよ・・・コウノトリと面会か!!?

明日の午前中の都内の仕事の後、新幹線に飛び乗って、京都経由でコウノトリの町、兵庫県豊岡町に向います!!  ソプラノの大森智子さんとピアニストの田村緑さんと歌の音楽会をしてきます。私はそのまま翌日のコンサート終了後には小倉に向かい、コロ・フェスタ 2007 in 北九州 に、玉川グリーンハーモニー&コーロ・ネスポラを率いて乗り込みます! 夜の打ち上げの鍋屋さんも楽しみです! 豊岡町は寒そうだし、北九州を下見してくださった方からは温かいと言うご報告が届いているので、北九州から翌朝宇都宮に向かい、夜は横浜みなとみらいに行く私としましては・・・・・・自分の皮下脂肪を信じて薄着で行くことにしました!

私は合唱指揮者としては比較的遠距離の地方のお仕事に出る機会が少ない方なのですが、これだけ続くと一枚一枚の服がデカイだけに大荷物です! 何に入れていこうかなぁ・・・思い切って海外旅行用の鞄で行こうか、比較的手ごろなゴロゴロ鞄で行こうか悩んでいます。

今回は空き時間とか電車の時間を使って原稿書きの仕事もこなすので、ノートパソコンも必携だしなぁ!!(汗)

ゆったり旅行がしたいなぁ!! 温泉入って昼まで寝てたいなぁ・・・

でもパソコン持ってゆくので、ブログ更新は可能な限り続けたいと思います!  それでは皆様今後とも宜しくお願いします! では旅支度旅支度・・・・

 

 

ラ・カンパネラ

私の月曜日は、神奈川県平塚市で活動中の「ラ・カンパネラ」と言う合唱団から始まります。 今から20年近く前に、当時から指導をしておりました、「くりの実会」という合唱団の練習に、当時「湘南カンパネラ」と言う名前であった会の代表の方他数名が直接おいでになりました。

最初においで下さった日にはなんと私が体調を崩し途中から家に引き返すと言う失態を演じまして初日のお見合いは不成立! その次の会でお逢いしまして一応相思相愛となりまして、平塚の地まで練習に伺うようになりました。私の住んでおります登戸から平塚までは、同じ神奈川県内とは言えかなりの距離があります! 先ず小田急線で藤沢まで出まして東海道線に乗り換えまして3駅目が「平塚」になります。所要時間凡そ家から会場まで1時間半の道程です。 しかしこの合唱団、私の合唱指揮者としてのステイタスを常に支えて来て下さった合唱団でもあります。

かつては当たり前のようにおかあさんコーラス全国大会に出場し、全国大会でも優秀団体に与えられる「ひまわり賞」を出場の度に戴いてくれました。朝日の合唱コンクールでも、神奈川県大会の金賞グランプリを頂いた頃もありました・・・・。 おかあさんコーラス大会の京都での全国大会出場時には、メンバー18名中なんと3人もの方が、おなかに赤ちゃんを宿されたままステージに立たれ、正にこれぞおかあさんコーラスと言う事でも話題になりました。 私が就任前には青島広志氏を、私が就任後には新実徳英、木下牧子氏らを迎えてコンサートやイヴェントを開いた事もありました。私と家内の横浜みなとみらいでの演奏会シリーズでもいつも友情出演をして下さったのはこの「ラ・カンパネラ」でした。最近でも「何か辻さん指導の合唱団でイヴェントに出て貰えませんか?」と尋ねられると、先ず頭に浮ぶのはこの合唱団です・・・・

しかしながらこの「ラ・カンパネラ」のここ6年ばかりの成績がどうもパッとしないのです!  無論アマチュアコーラスはコンクールの審査結果だけでその活動の良し悪しが決まる訳ではないし、楽しく歌えていれば充分にその団の存在意義はあるのですが、この団は元々そう言う比べっこの場での花形だったベースがあるからこそ、そう言う結果に対して打たれ弱い側面が在ったのかも知れません。無論これは指揮者である私にも大いに影響を及ぼしました。こんなに優秀で熱心な方々を擁して結果を出せないのは、紛れも無く指揮者である私自身の責任だと考え、団員皆さんの前で辞意を表明した事もありました。 そんな時にもこの団のメンバーは、珍しく私よりも年下が多いにも拘らず、優しく温かく駄々っ子の逆切れを包み込むように諭して下さいました。 長い付き合いの可憐で美しく、人間的にも素晴らしく、当然の事ながら技量も申し分の無い素晴らしい年下のピアニストの河本充代さんからも、優しく厳しく叱咤激励の言葉を頂きました。そんなカンパネラが、最近再び、その「結果」にも光明が射してきました。十数名だった団員も徐々にではありますが増え始めました。復団される方もありました。演奏会を開こうと言う意見も、どうやら最近は真実味を帯びてきました。元々素晴らしいメンバーの集まりですし、活動そのものが悪かった訳ではないので、最近では私自身、またどんどんとこの団の良さを痛感しています。 あの時の辞意表明を蹴飛ばして頂いて、本当に有り難うございました。今はまだ、民主党の小沢党首の気持ちが解かるような妙な気分を引きずっては居りますが・・・自分の中では、一度は辞めた団です。過去の歴史を良い意味で振り払って、新しく就任した指導者として、色々心構えを新たにして臨む所存です。 こんな奴ではありますが、メンバーの皆様、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!!

プロフィール

声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸

記事検索
ギャラリー
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • 今月末に家を出ます・・・(涙)💧
  • 猛暑お見舞い申し上げます❗
  • モンスター復活
最新コメント
アーカイブ