声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

ブログの反応・・・

今まで見せた事も無い顔を向けて、ニヤッと去ってゆく人・・・・ 「死んじゃいますよ!! 週一日の休日はクリスチャンの基本です!」と叱って下さる方! 漢字の間違いを指摘して下さるメルトモたち!!  「あんだけ文章書く暇あったら大学の書類とか重要な文書メールへの返信は出来そうなものでしょうに!!」と怒って居られる方・・・ごめんなさい!  ビジュアル系を売りにしてる先生なんだから、たまには写真だけとかの日があっても良いのに・・・と言って下さる妙齢なご婦人は・・・居ませんでした。

様々な方々から「ブログ読みました!」と声を掛けて頂き有り難い事だと感謝しています。 概ね講評 →好評を頂いておりますので、このペースを無理せずに、品良く、言葉を吟味しながら、「誤字だ辻」とか言われないように、キーボードを叩いてまいりますので、末永くお付き合い下さいませ!

それにしても今日の浦和レッズ・・・裏だけでなく表も顔もスタジアムも皆真っ赤にして必死で戦ってくれたけれど・・・やっぱり終始ACミランに遊ばれた感が有りませんでしたか!? ACミランとやるだけに、「一心不乱」に戦えただけでも財産と言うことなんでしょうかねぇ・・・世界の壁は、私のダイエットの壁以上に厚いのですね!!

あぁ・・・二桁になりたい・・・・

尚美学園大学 新音楽集団 匠

尚美学園大学(総合芸術大学とでも言いましょうか・・・一応表現芸術の学部は音大の括りです!)開学時に発足した教科指定サークルで、私が発足時から前学長の赤松氏の要請を受け、大学講師ではなく、このクラブ、尚美学園大学 新音楽集団 匠のみの指導に当っています。この長い団の名前の名付け親も実はこの赤松氏です。確かに少々強引な方だったようですが、私は大いに魅力を感じておりました。今の時代にあれだけ大きな音楽専門学校(コンセルバトワール尚美)を展開されておられた氏が、何故8年前に敢えて4年制音楽大学の併設をお考えになられたのかは、私のような経営指導者には想像も出来ないところでは有りますが、とに角豪華な指導陣の先生方(新設大学ですから当然皆他の音楽大学から優秀な人材を引き抜いてこられたその手腕もさることながら、先生方の役割をしっかりと見据えた人選のバランスも素晴らしいのですよ!)に恵まれているせいか、学生達は伸び伸びと自分の力を伸ばす事に集中出来ている様に思えます。

今後彼らが自由競争の荒波に揉まれた時には果たしてどんな力を発揮してくれるのか・・・そんな時に彼等の中から何人かでも合唱指導の道を歩んでくれたら嬉しいなぁと感じています。 今はOB・OG・大学院生も含めて約20名ほどで毎週水曜日の夜になんと埼玉県の上福岡の校舎で細々と活動を続けております。伴奏はもう二十数年のお付き合いに成ります松行美左子さんです!! このグループの一期生が丁度今26歳ですから、大学の歴史はまだまだ浅いですが、このグループは第2回箱根学生音楽祭最優秀賞を始め、数多くの賞を受賞しまして、レコーディング、合唱祭の招待演奏等と言った具合に活動の場を広げてきました。 今では一般団体としての団員構成ですので学生のコンクール等に出る事は叶いませんが、様々な合唱イヴェントの助っ人として私の指揮する場合は勿論の事、かなり色々な処から助っ人要請が団宛に来るようになって来始めたのも嬉しい限りです。そう言えば前出の赤松氏も、私に対しての指導要請の折に、「彼らが卒業後も生きて行ける様な団を作ってやってくれ」というお話を頂きました。まだまだこれだけで生活できるには至りませんが、彼らが歌声を毎週共にすることで必ずや素晴らしいサウンドを聴かせてくれるグループに成長してくれるようにと祈りながら指導を続けております。

そんな彼等が毎年欠かさずに行ってきた第8回の定期演奏会が、来週の木曜日の夜に JR千駄ヶ谷駅 及び 都営地下鉄大江戸線 国立競技場下車数分の好立地条件の素敵なホール! 津田ホールにて開催の運びとなりました。今回は私の大好きな木下牧子さん作曲の若々しい選曲のステージが二つに、スカルラッティのスタバートマーテルに、お楽しみ一年生創作ステージ・・・ どんな本番になりますことやら、とにかく今日もみっちりシゴイテキマシタノデ、是非ともご来場をお願い申し上げます。

入場料は一般1,000円ですが、お高いと思われた方は指揮者にご相談下さいませ(笑)

最近の学生は、先日の450人の大合唱の洗足学園音楽大学の冬の音楽祭での合唱の音楽会の演奏会の入場者数は同数かやや少ないか!?と言った有様だし、匠の定期演奏会もいつも人数は舞台から数えられるほど!!! 今の学生って友達少ないのかなぁ!!? それとも友達は皆サークルの中だけなのかなぁ!?

もしもこのブログをお読みくださっておられる皆さんが沢山詰め掛けてくださったら、私は舞台上で皆さんに泣いて御礼申し上げますので、是非是非ご来場下さいます様お願い申し上げます。  えっ!!? 演奏が不味かったらどうするかって・・・? 勿論舞台上で泣いてお詫び申し上げます!!!

Mischmasch Chor

Mischmasch Chor(ミシュマシュ コア)はドイツ語で「ごちゃ混ぜ合唱団」の意味です!!


 私が様々なイヴェントに臨時で参加・出演する際に、指導に行っている複数の合唱団に呼び掛けて組織する合唱団の名前です。 最近は公民館でも公共のホールでも、会場をお借りするには合唱団の事前の登録が必要なので、今はこう言う具合に名前をひとつ付けて登録してその都度都合の良い場所を使わせていただくようにしています。過去にも日本合唱指揮者協会主催のイヴェントにこの名前で出演した事がございますが、今回のこの合唱団の使命は、文京シティ・コア 第10回演奏会「マタイ受難曲」の第2コアを募集する為でした。

今回は玉川グリーンハーモニーの代表のOTOU様が責任者をお勤め下さいましたが、最後まで皆様の為に成る様にと細かな気配りをして頂いたお陰様を持ちまして、無事にその合唱団を纏めて下さいました。感謝感謝です! 初めての方々ばかりを前にして本当に大変なお仕事で在ったと思いますが、本当に助かりました。

さて今日は私がこの合唱団の練習に参加できる今年最後の日となってしまいました。今年の春過ぎに壊した電子手帳の悪影響が最近になって2件ほど発覚致しまして、結果的にダブルブッキングに成ってしまった事によるものですが、凹みました!! 今年は携帯電話の電気系統の故障も2回有りましたし、機械音痴の私の責任もさることながら、機械の故障に振り回されて頭の中が Mischmasch に成ってしまった一年でした。 それにしてもこの合唱団の今回のメンバー・・・最近音楽的な反応以上に私の洗練されたギャグに対するリアクションが非常に素晴らしい! 突っ込みボケを問わず見事な反応で練習の余暇の時間のみを大いに盛り上げてくださいます!

でもなかなか打ち上げとか忘年会とか出来なかったから、来年早々に新年会くらいやりたいですね! 新年会の勢いでそのまま受難しましょう!

受難が無かったら良かったのにと祈るのではなく、キリストの受難の意味を捕えて、しっかりとした内容の演奏会にしたいと願っています。今日もその事を真面目に議論しながら、助っ人でわざわざ来団して下さったタケチャンマンらと一献酌み交わして帰宅しました。次回は椿マウンテンさんのご意見も是非伺いたいと皆で語り合っておりました。

皆がマタイ受難曲の成功に向けて心をひとつに出来た今夜の南武線沿線のローカロリーな駅より、辻がお送りいたしました。

プロフィールに写真を追加しました!

プロフィールに写真を追加しました!

洗足のFUYUON! 終わりました!

今日は世界の秋山和慶指揮 ソプラノ名古屋木実・アルト串田淑子・テノール秋山徹・バリトン福島明也 の豪華なソリスト陣、洗足学園レパートリーオーケストラ&洗足学園大学合唱団によります ベートーヴェン作曲第9交響曲第4楽章で 「洗足学園音楽大学 冬の音楽祭 FUYUON 2007!」 が閉幕しました。 この期間中に洗足学園を訪れてくださいました皆様に心より感謝申し上げます。有り難うございました。 学部長初め多くの先生方にもお越し頂きまして感謝申し上げます。 尊敬申し上げます声楽家の田口興輔先生ご夫妻のご来場も、大変に光栄でした。

明也!!(慣れ慣れしいですが、大学院同級生なんで許してください!)カッコヨカッタゼイ!! 素晴らしい声の伸びに加えて、常に指揮者との会話を続けながらの熱唱に、心から感動しました。 学生達に成り代わりまして・・・と言うよりは単なる一聴衆として御礼申し上げます。 後ろで歌っていた合唱を担当した声楽科の学生諸君にこれ以上の教材・刺激はありませんよ! 打ち上げにも快くご参加下さり、有意義なお話も頂き、「あぁ・・・合唱の連中に聞かせたいなぁ・・・」と思った次第です! 本当に有り難うございました。

それにしてもこんな豪華な方々と共演できた事がどんなに素晴らしい体験かを、学生諸君が痛感し、今日のオーケストラや合唱団の仲間達と為しえた事を、卒業してからすることの難しさを痛感するのは何年先なんだろうか・・・私自身も学生時代には世界中の超一流の演奏家の皆さんと共演させて頂いていた事を思い出し、卒業してからそれを次に実現するためには、自分自身が世界を叉に掛ける演奏家に成ってからでないと出来ない事に気付くのに、28年を必要とした! 後悔先に立たず!!

でも・・・そんな事を言いながら、自分自身も恵まれたメンバーの合唱指導をしている、させてもらっている事に気が付いた。来年もまた熱い合唱演奏会目指します! 洗足の合唱は一味違うぞ!! って言わせたいし言われたい!! オーケストラの先生方! 吹奏楽の先生方! そして秋山先生! 合唱はオーケストラや吹奏楽のサポート無しには、大きな演奏会の開催は難しいのです! 何卒宜しく、仲良くお付き合い下さいます様、心からお願い申し上げます。

VIVA! SENZOKU! VIVA! 合唱!!!!


 

 

プロフィール

声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸

記事検索
ギャラリー
  • 猛暑お見舞い申し上げます❗
  • モンスター復活
  • モンスター復活
  • 本番前一週間になりました❗
  • Ganbatta Week
  • Ganbatta Week
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
  • 演奏会・講習会・レクチャーコンサートと目白押しの今週末から夏休みです❗
最新コメント
アーカイブ