声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

衣装探し・・・

川崎市民オペラの公演がいよいよ2日後に迫ってまいりましたが・・・今回のオペラは衣装もメイクも自分でやらねば成りません!! 地顔が可愛いから悪役の役作りは至難の業です!! 困ったなぁ・・・ オペラ「ダヴィデ」とかやってくれないかなぁ(笑)

そんな訳で午前中に私の稽古の為だけにお集まり下さったキャストの皆様とお別れした後、盗賊の相棒君(お父様が私と同い年だそうで・・・汗)と衣装選びに行って来ました。 流石に渋谷は面白い店が多い!! お陰でとってもへんてこな盗賊の衣装を調達できましたので、ご来場下さる皆様はお楽しみに願います。(地味めにするか派手めにするかは当日決めようかと・・・)

おやつの時間には帰宅しまして明後日の衣装を自前の衣装・小道具等と調整しまして、それからは明日のメサイアの準備です! 本当に大変な名曲で大曲です。目を通すだけでも重労働だし、「やっぱりこうしようかなぁ・・・」なんてやり始めると朝が来そうだし、実際に音を出される皆様にもご迷惑が掛かりますので見直しと確認だけにしました。

ブログを書き始めて未だ1週間ですが、沢山の皆様からお越し頂き、心温まる書き込みを頂き感謝申し上げます。 週末は本番が続きますので合唱団紹介の再開は来週以降とさせて頂きます。 今後とも宜しくお付き合いの程お願い申し上げます。

実はつい先日、時間を割いて健康診断をしてまいりましたが・・・結果、担当医からのお言葉は、「深刻な肥満です!」とのこと・・・ 私の周りの方々は私をひと目見ただけでそう仰る名医ばかりですのに・・・ 検査結果では「全ての数値が高め一パイ」だそうで・・・しかしこれって言い方こそ違え、10年前から全く変わって居ないのです!! 今までの先生方のお言葉は「人一人分痩せて下さい」「全ての数値が成人病へのクラウチングスタート状態です!」等など・・・ まぁお医者様も結構苦労なさっておられるんでしょうね! こう言う輩には・・・

メサイアを歌う会

今日のお仕事はメサイアの演奏会のオーケストラ合わせの練習でした。

様々な地方にありそうなこの合唱団の名前ですが・・・わたしの指導しますこの「メサイアを歌う会」は、チョッピリハイソな奥様方の集団です! 何しろ六本木のロアビルにほど近い私立の女子高校のOG(同窓生有志の会)が集まった総勢80名ほどの女声合唱団です。

「あれぇ! メサイアって混声の合唱曲ばかりだよねぇ・・・?」と思われた合唱通の貴方!! 実はこの学校の講師を遠い昔にお勤めに成っておられた、まだまだ元気一杯の御歳9?歳の冨岡正男先生編曲によります、合唱曲のみ女声3部・若しくは4部に編曲された楽譜(1995年 音楽之友社初版発行)を使い、ソロ曲やオーケストラ曲は原曲に沿う形で演奏されています。今年で早14回を迎えますが、前任者の渡邊善忠氏から引き継いで私としては4度目の指揮になります。今年はなんと全曲演奏です! ヘンデルでさえそうはやっていないであろう全曲演奏を、我々が敢えてやる事に果たしてどれほどの意味があるのかは解かりませんが、今回初めて全曲のリハーサルをしてみて、改めてその良さに出会えた気がしています。全ての曲を演奏する事で、抜粋して演奏する時よりも、各曲の意味合いが具象化され、尚且つ各曲の演奏から無駄な力みが消えて行く様に感じました。 なるほど・・・それなりに意味のあることではあったんだなぁと痛感している今夜の私です! 明後日24日の土曜日、四谷に御座います紀尾井ホールで14:00開演、入場料3,000円です。 一味違った女声合唱のメサイアをお楽しみ下さいませ! 尚、ソリストは五十嵐郁子・小川明子・横山和彦・浦野智行と言うベテラン・中堅の一流の皆様、オーケストラは私の音楽活動はこのオーケストラの存在抜きには語れない、最も頼り切っています、日本のオラトリオ演奏の最高峰、東京バッハカンタータアンサンブル(コンサートミストレス:川原千真)の皆様です。 コーラスは確かにアマチュアですが、メサイアに関してはなかなか薀蓄を語られる方も多く、私も密に他の合唱団の練習などではネタとして引用させていただいております。そんな彼女達のコーラスは一言で申し上げれば品が良い! そこに私の大袈裟な表現を盛り込んで、何処まで説得力のあるメッセージを歌に乗せて客席に届けられるか・・・これが出来なければ私がここで振らせていただく意味は消えます。 皆さん頑張りましょうね!

このグループ、実は初夏にも毎年母校の講堂をお借りして「アーリーサマーコンサート」成るものを行っております。年に二回一流のソリスト&オーケストラを頼んで演奏会が出来るのも、指揮者を三流に抑えているからとかいないからとか・・・(笑)  いずれにしても他団から見れば本当に贅沢な演奏体験を、決してそれ程には感じずに比較的気楽に楽しんでおられる皆様なのです。 夏の終わりには軽井沢の母校の寮で、合宿も行っています!  OGの皆様! 六本木に青春を取り戻しにカムバックなさいませんか!? 心から歓迎を致しますよ!

桐響会

名門桐蔭学園のおかあさんコーラスです!!

今日のお仕事はこの100名余のPTAコーラスからスタートしました! (その後新百合ヶ丘の秘密の美味しいお店で暗譜の楽譜を山ほど抱えてランチしてから、近くの公民館で12月2日の北九州八幡でのコンサートの練習して、夜は上福岡に向かい、尚美学園大学の合唱のクラブ 新音楽集団 匠 の練習に行ってきました。)

この桐響会の指揮者に就任したのは今から9年ほど前だったでしょうか!? バリトン歌手で高名な、芸大時代の先輩、末吉利行氏の後任として就任しました。

この時もその前にお引き受けしていた某音楽高校の講義の曜日が変更に成ったりで右往左往したのを覚えておりますが、結局は20年ほど指導した、私の合唱指揮者人生最初に指導させて頂いた「滝山女声コーラス」の指導と入れ替わる形で就任しました。 ひとパートに30名から40名!! その人数に先ず驚きましたが、逆にそれまでスムーズに団の運営が行われて来ていたのは、進学校の生徒さん達をお育てになったPTAのお母様方のクレバーな頭脳と組織力でした。 PTAとは申しましても、この学校の現役学生のお母様方は当然の事、卒業生のPTAや、中には生徒さんの祖母の方もおいでに成られます。学校側の懐の深さと、毎週練習会場と広い駐車スペースを学校内に提供してくださる、学園側の、「生徒のみならずPTAの文化活動への理解と奨励」が、この大所帯の女声合唱団の活動を支えて下さっています。 

私としましても普段なら合同合唱のステージでしか取り上げられないような大曲でも、各パートが細分化された複雑な曲でも、比較的気楽に持ち込んで歌っていただく事が出来るのは楽しみの一つです(団員の皆様ごめんなさい!!)。 また、お一人お一人の向学心と申しましょうか、「始めたからには最後までちゃんとやろう!」と言った雰囲気がこの合唱団には常に充満しています。それは演奏のみならず、組織の役員に選出された方や、順番で廻ってきますお茶当番!!(休憩時間にそれはそれは美味しいお茶を出して下さるんです!!)に至るまで、本当に皆さんの背中には「責任」の文字が掘り込まれているようです!! ですから、私もいい加減な事をしていると、役員OGのお姉様方から、一喝されます!!(汗) これだけ熱心に事に当られる皆さんですから、結果が伴わない時には大変に落胆もされます。 本当に私には良い刺激です。 また、当然の事ながらこれだけの人数ですと、他でも合唱団に所属されておられる方も多く、「他の指揮者ともいろんな面で比べられてるんだろうなぁ・・・」等とイラン心配までしながら指導に努めております。 最近では漸くこの団の雰囲気にも慣れてまいりまして、楽しく練習をさせていただいてます。

こんな書き方をしますと皆さんガチガチの目の吊り上った教育ママさん方ばかりかと思われますでしょうが、お一人お一人は様々な面でご活躍の才女が多いにも拘らず、大変に気さくな方々ばかり! しかし、女性が大人数集まってひとつの事を進めて行く難しさも十二分に理解されておられればこそ、お互いの規律をもしっかりと守られておられるようです。 組織の中での在るべきモラルに欠ける永田町の輩に、説教のひとつもして頂きたいところです。 そんな桐響会(「とうきょうかい」と読みます)のサウンドは、去る11月3日に行われました「桐蔭学園第九の会」でもその力みの無い豊かで優しい響で、校内にあります1500人収容のメモリアルホールの満員の聴衆を魅了して下さいました! やはりこの人数で毎週声を合わせている団の演奏は圧巻です!

さて、このグループの特異な存在はピアニストです!! 田中由布子→田中由生子先生と仰るのですが(実名書いちゃったぁ!!)・・・多芸多才ここに極まれり!! プロも逃げ出す料理の腕に始まり、女優顔負けの美貌と話芸!!?!!?、打楽器は叩くは歌は歌うは、おまけにピアノまで弾いちゃうという(失礼!)ファンキーなお姉さまです! この方に助けられた事が本当に今まで何度あったことでしょうか!! 目の前にしては付け上がられるんで決して申しませんが、本当は心から感謝し敬愛申し上げておりますのです・・・ハイ!

川崎市民オペラ カルメン

いよいよ 川崎市民オペラの本公演カルメンの本番が近付いてまいりました!

今日は先ず二重橋の掛かり付けの耳鼻咽喉科に行ってから、24日に本番を迎えるメサイアを歌う会の練習を3時間もした後、川崎市民オペラの練習に向かいました!

お金も潤沢に・・・と言う訳では有りませんので、今日も公民館の狭い視聴覚室で工夫しながらの稽古でしたが、流石に熱が入ってきました(じゃ無きゃ困るんですが・・・)! 私はこのお話をお受けする当初から、「前日にメサイアを全曲指揮するので日程的に無理!」と申し上げていたのですが、この時期、川崎市民オペラの男声歌手不足で、やむなく私が舞台に乗る事になりました! 稽古不足の上、メサイアのオケ合わせと日程が重なってオペラのGPにさえ出られないしで不安も一杯だし、メサイアの打ち上げでも呑めそうに無いしで(汗)、正しく久々の綱渡り本番ですが・・・もしそういう意味でご興味が有る方! 前売り券3,000円ですがお申し込み下さいませ!(笑)

無論他の皆様は常日頃から稽古を続けておられますし、カルメンさんとはブランクはあるものの結構長いお付き合いの歌い手さんで、フラメンコも習っておられるので、歌に踊りにカスタネットにと見事なものです! ホセ役のテノールさんは昔少しだけ個人レッスンをしたことのある歌い手さんですが、いまや立派に一人立ちされて、今日も見事なハイトーンを響かせていました! このグループ、市民オペラのメンバーは皆プロの歌い手で、合唱団が熱心なオジサマ&お姉さま方によりますアマチュア! 自分達で衣裳まで担当して下さるのは本当に助かります!! 私の衣裳はサイズの関係で自前になってしまいましたが・・・(涙)

演出家は二期会の本公演でも活躍中のバリトン歌手ですが、これまたスーパーな人で、オペラも舞台も知り尽くし、台本は勿論、小道具・大道具から照明、演出、合唱団の歌唱指導に至るまで全てを彼が引っ張ってくれます。感謝感激! 指揮者はこれまた彼が高校生の頃からの知り合いでコントラバス奏者でもあるマルチな音楽家! 今回は2台ピアノでの演奏のために編曲までこなしてくれました。 感謝感謝!!

今週末25日の日曜日の15:30開演です!! 会場は溝の口駅(JR南武線 東急田園都市線)前 マルイのビルの12階 ノクティーホール!! お時間が許される方は是非ともお越し下さいませ!! 

今回の公演監督は川崎市民オペラの現会長の築地文夫先生!! 私のキャラを散々褒めて下さるんだが・・・実はこの先生こそ、舞台に乗って頂きたい真のエンターテイナーなのです。 風貌からそのキャラクターまで、とにかく全ての面で愛くるしい方です!! 築地先生!! 次回は先生主役でオペラやりましょうよぉ!! 絶対に面白いと思うんだがなぁ・・・こんな場所だからこそこっそり書けると言うものか・・・でも本気ですよ! 築地先生!

コール 毬

今日は朝から関東大旅行でした!!

先ず朝は神奈川県平塚市に向いまして、これまた20年近く(以上!?)指導に当らせていただいてます、ラ・カンパネラでコーラスの指導をしました。 この団についても後日ご紹介しますが・・・・実は私、洗足学園音楽大学で指導をするまでの間、ウィークデーの午前中は男性に逢わない生活を16年ほど続けていたのでした。

基本的に午前中にはおかあさんコーラスの指導をするか、洗足学園音楽高校の合唱指導をしておりましたので、ピアニストも皆基本的に見目麗しい女性ばかりでしたから・・・・(汗) こんな生活を皆様はどう思われますでしょうか・・・? 無論私もこんな場所では何のお応えも出来ませんが、「いいなぁ・・・幸せそうだなぁ・・・」と思われた貴殿!! 一週間私と仕事変わってみますか・・・(笑)

さて、平塚での練習を終えた私は湘南新宿ラインに飛び乗りまして、車内でお弁当をガッツキナガラ大宮まで乗車します。そこから東北新幹線に乗り換えまして宇都宮に!  ここでもまた見目麗しきご婦人方にコーラスの指導を致します! この合唱団が「コール 毬」です。昨日ご紹介しました玉川グリーンハーモニー同様、父の亡き後に私が引き継がせていただいた女声合唱団ですが・・・・本当に団員の皆様にはご迷惑の掛け通しです!! だってやっぱり・・・月曜の午後の時間にこの合唱団をお受けしてしまった事が発端です! 時刻表の上では可能だったんです!!  ところが本当にJR関係者の方には申し訳無いのですが、湘南新宿ライン・埼京線などの線はトラブルが多過ぎです!!! 何たって熱海から高崎までなんて距離を走るわけですから、その間何処かで小さなトラブルでもあれば、私の宇都宮行きは簡単に不可能になったり、大遅刻を強いられたりするのです! コーラスのメンバーは本当に熱心な方ばかりで、毎週楽しみに笑いに・・・否、歌いに来られています。 今年は演奏会もさせて頂いたのですが、皆さん自分の立場も、家族の体裁も省みず弾けて下さいました!! 元々は宇都宮の合唱大好き奥様を集めて父が始めた「T.C.F.宇都宮(T.C.F.とは、「辻コーラスファミリー」の略で、父の指導していた合唱団の総称でもありました)」と言う名前のコーラスでしたが、私が指導に伺うようになってから3年経った今年から、「コール 毬」と言う名称に変更して心機一転、「地元に根ざした合唱活動」を大切にしようと歩み始めました。 無論私の体型は無関係です!!!私が常任指揮者になって最初のコンサートで、平田あゆみさん作曲の合唱組曲「まりになれ心」を歌った事を記念して付けられた名前です。 お近くの方! 月曜日の午後2時から宇都宮中央にあります生涯学習センター(旧中央公民館)で練習してますので、お立ち寄り下さいね!! 今日からは素敵なヴォイストレーナーの先生もお見えくださいましたが・・・正確なお名前の漢字をお聞きするのを忘れてしまいましたので、後日またご紹介します。

宇都宮での練習を終えた後、またまた新幹線に飛び乗りまして、12月1日に、コウノトリの町 兵庫県豊岡町で行われますコンサートの練習を、新百合ヶ丘の某所で行って参りました! ソプラノの大森智子さん、ピアノの田村緑さんと言う、これまた見目麗しき年下の女性達と楽しく練習してまいりました。 こちらのコンサートも入場無料のようですので、豊岡町にお越しに成れる皆様は是非どうぞ!!(汗) 豊岡市民会館文化ホールで13:00から「市民ふれあいの集い」が始まり、「ふれあいコンサート」は13:45分開催予定です!  それにしても・・・来世は絶対美女とは縁の無い生活なんだろうなぁ・・・・(涙)

 

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • Nコン全国大会高等学校の部 スペシャルステージ
  • 家内は小野小町だったんですっ!!
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • 与太郎昇天!!
最新コメント
アーカイブ