声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

おしゃべりはやめて、お静かに

魅惑のバロックカンタータ II

会場:日本福音ルーテル東京教会

曲目:D.ブクステフーデ カンタータ/J.S.バッハ カンタータ BWV 55, 211 他続きを読む

いよいよ・・・コウノトリと面会か!!?

明日の午前中の都内の仕事の後、新幹線に飛び乗って、京都経由でコウノトリの町、兵庫県豊岡町に向います!!  ソプラノの大森智子さんとピアニストの田村緑さんと歌の音楽会をしてきます。私はそのまま翌日のコンサート終了後には小倉に向かい、コロ・フェスタ 2007 in 北九州 に、玉川グリーンハーモニー&コーロ・ネスポラを率いて乗り込みます! 夜の打ち上げの鍋屋さんも楽しみです! 豊岡町は寒そうだし、北九州を下見してくださった方からは温かいと言うご報告が届いているので、北九州から翌朝宇都宮に向かい、夜は横浜みなとみらいに行く私としましては・・・・・・自分の皮下脂肪を信じて薄着で行くことにしました!

私は合唱指揮者としては比較的遠距離の地方のお仕事に出る機会が少ない方なのですが、これだけ続くと一枚一枚の服がデカイだけに大荷物です! 何に入れていこうかなぁ・・・思い切って海外旅行用の鞄で行こうか、比較的手ごろなゴロゴロ鞄で行こうか悩んでいます。

今回は空き時間とか電車の時間を使って原稿書きの仕事もこなすので、ノートパソコンも必携だしなぁ!!(汗)

ゆったり旅行がしたいなぁ!! 温泉入って昼まで寝てたいなぁ・・・

でもパソコン持ってゆくので、ブログ更新は可能な限り続けたいと思います!  それでは皆様今後とも宜しくお願いします! では旅支度旅支度・・・・

 

 

ラ・カンパネラ

私の月曜日は、神奈川県平塚市で活動中の「ラ・カンパネラ」と言う合唱団から始まります。 今から20年近く前に、当時から指導をしておりました、「くりの実会」という合唱団の練習に、当時「湘南カンパネラ」と言う名前であった会の代表の方他数名が直接おいでになりました。

最初においで下さった日にはなんと私が体調を崩し途中から家に引き返すと言う失態を演じまして初日のお見合いは不成立! その次の会でお逢いしまして一応相思相愛となりまして、平塚の地まで練習に伺うようになりました。私の住んでおります登戸から平塚までは、同じ神奈川県内とは言えかなりの距離があります! 先ず小田急線で藤沢まで出まして東海道線に乗り換えまして3駅目が「平塚」になります。所要時間凡そ家から会場まで1時間半の道程です。 しかしこの合唱団、私の合唱指揮者としてのステイタスを常に支えて来て下さった合唱団でもあります。

かつては当たり前のようにおかあさんコーラス全国大会に出場し、全国大会でも優秀団体に与えられる「ひまわり賞」を出場の度に戴いてくれました。朝日の合唱コンクールでも、神奈川県大会の金賞グランプリを頂いた頃もありました・・・・。 おかあさんコーラス大会の京都での全国大会出場時には、メンバー18名中なんと3人もの方が、おなかに赤ちゃんを宿されたままステージに立たれ、正にこれぞおかあさんコーラスと言う事でも話題になりました。 私が就任前には青島広志氏を、私が就任後には新実徳英、木下牧子氏らを迎えてコンサートやイヴェントを開いた事もありました。私と家内の横浜みなとみらいでの演奏会シリーズでもいつも友情出演をして下さったのはこの「ラ・カンパネラ」でした。最近でも「何か辻さん指導の合唱団でイヴェントに出て貰えませんか?」と尋ねられると、先ず頭に浮ぶのはこの合唱団です・・・・

しかしながらこの「ラ・カンパネラ」のここ6年ばかりの成績がどうもパッとしないのです!  無論アマチュアコーラスはコンクールの審査結果だけでその活動の良し悪しが決まる訳ではないし、楽しく歌えていれば充分にその団の存在意義はあるのですが、この団は元々そう言う比べっこの場での花形だったベースがあるからこそ、そう言う結果に対して打たれ弱い側面が在ったのかも知れません。無論これは指揮者である私にも大いに影響を及ぼしました。こんなに優秀で熱心な方々を擁して結果を出せないのは、紛れも無く指揮者である私自身の責任だと考え、団員皆さんの前で辞意を表明した事もありました。 そんな時にもこの団のメンバーは、珍しく私よりも年下が多いにも拘らず、優しく温かく駄々っ子の逆切れを包み込むように諭して下さいました。 長い付き合いの可憐で美しく、人間的にも素晴らしく、当然の事ながら技量も申し分の無い素晴らしい年下のピアニストの河本充代さんからも、優しく厳しく叱咤激励の言葉を頂きました。そんなカンパネラが、最近再び、その「結果」にも光明が射してきました。十数名だった団員も徐々にではありますが増え始めました。復団される方もありました。演奏会を開こうと言う意見も、どうやら最近は真実味を帯びてきました。元々素晴らしいメンバーの集まりですし、活動そのものが悪かった訳ではないので、最近では私自身、またどんどんとこの団の良さを痛感しています。 あの時の辞意表明を蹴飛ばして頂いて、本当に有り難うございました。今はまだ、民主党の小沢党首の気持ちが解かるような妙な気分を引きずっては居りますが・・・自分の中では、一度は辞めた団です。過去の歴史を良い意味で振り払って、新しく就任した指導者として、色々心構えを新たにして臨む所存です。 こんな奴ではありますが、メンバーの皆様、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!!

洗足学園音楽大学 冬の音楽祭 FUYUON!!

合唱団の紹介はチョッとお休みしまして、今日は宣伝です!!

私がこの数年お世話に成っております洗足学園音楽大学の冬の音楽祭 FUYUON2007 が、今年も12月2日から9日に掛けて行われます。

あのドラマ「のだめカンタービレ」の舞台にもなった溝の口キャンパス(JR南武線武蔵溝ノ口駅&東急田園都市線溝の口駅下車 徒歩10分足らず )をフルに使って、ミュージカルを皮切りに、管弦楽、打楽器・吹奏楽・ロック・ジャズから音響デザイン、邦楽に着ぐるみ人形劇「ぐりとぐら」に至るまで、毎日が音楽祭です!! 

この音楽祭は1,000円(前売り800円)で、一週間全ての演奏会がお楽しみいただけます。お近くの方のみならず、是非とも皆様足をお運び下さい! 学生たちは皆、若さを前面に出して、各人の音楽人生の初舞台・ひのき舞台に向けて努力をしています。 キラキラと羨ましい限りです!

さてこの音楽祭の中で私が登場するのは4日の夜19:00開演の合唱第27回定期演奏会 於:前田ホール と 最終日9日の19:00レパートリーオーケストラの演奏会でのベートーヴェン作曲第九交響曲の4楽章(合唱付き)です!!(会場は同じ前田ホール)

4日の合唱定期演奏会は全曲私が指揮を務めます。ウッドベースとドラムス、ピアニストのの共演を得て、今合唱界では大評判のボブチルコットのジャズミサを混声合唱で! やはりすっかり合唱界の演奏会での定番と成りつつありますジョンラターのグロリアを、洗足音楽大学フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・パイプオルガンの共演でお届けします。 そしてこの演奏会の売りは、NHKの今年の課題曲を、最大400名で歌い上げます!! 小学校の課題曲は女声で、中学校の課題曲は最大人数で混声で、高校の課題曲は90名の男声でお届けします。 これが中々楽しいです。 その他中山晋平童謡集(女声)あり、流浪の民(シューマン)、バッハのコラール・・・アンコールをバラスのもなんですが、木下牧子先生の名曲「鴎」を450名を超す全員合唱でお届けします。

会場の前田ホールは全国の音楽大学の中でも屈指の良い響きのホールです。あのドラマでもメイン会場の一つでした! 是非是非お越しくださいね!!

そして9日の第九の演奏は、なんと指揮は世界の秋山和慶先生ですよ!! ソリストも講師が勤めますから一流どころです! 合唱も中々頑張ってますので楽しみにお越し下さいませ! 若い時の良い・楽しい・感動を分かち合える合唱体験を通して、学生諸君の中から一人でも二人でも、将来の日本の合唱界を背負って行ってくれる人材が育ってくれれば、それこそ私の喜びです。

それにしても洗足学園音楽大学の教員数はなんと700人とか!! でも、教員室に入ると、思わず「おぉ!!」っと声を上げてしまいそうな各界の名演奏家・名歌手達が行き来します! 自分も居るので少々言い難いですが、良い先生は揃いました!!! さぁ! 音楽家を本気で夢見るあなたも、マジで目指すあなたも! 一度見学に、先ずは音楽祭の見学から如何ですか!!?

合唱団 エルム

二日間のハードな本番の翌日は、またまた関東大旅行が待っていました! 平塚でバスガイドさんが在籍されておられる女声合唱団「ラ・カンパネラ」から、先日御紹介致しました宇都宮の「コール毬」に向かい、夕方に新宿に取って返して 「合唱団 エルム」 に向いました。

エルムの 木蔭 過ぎてく風のように 静かに優しく・・・・湯山昭先生の小品の合唱曲「歌声はささやく」を歌ったのが1991年の事。 新宿区合唱講座のメンバーが中心に成って生まれたのが、「合唱団 エルム」です!!

 当初はそうでも無かったんですが、流石に16年も経ちますと、単純に50歳だった方が66歳に成られる訳で・・・私も30代前半に始めたのに、来年には50歳に成るし・・・みんなで良い歳に成って来ました!!(笑)  でもねぇ、とにかく底抜けに楽しいんですよここは! 私も殆ど仕事しに行くと言う雰囲気は消えています! ピアニストも全く仕事である事を忘れて、団員に溶け込んでピアノ弾くより笑ってる時間のほうが長いような有様です! もしかしたらメンバーの中には、ここが合唱団であると言う認識をお持ちで無い方もおられるかも知れません。 その会話も、御稽古している時のふと漏らすメンバーの呟きも、練習後の深く成り様の無い「良いお酒」の席でのやりとりも・・・・ここには特別な時間が流れています。  この16年で、この 合唱団 エルムは新宿区の合唱祭でもなかなかの人気を博す合唱団に成長(?)されておられます! その理由は合唱している時の皆さんの表情に在ります。 美しいです! そして可愛らしいんです! 決して音程が正確な筈も在りませんし、リズムのノリが良い訳も在りませんが・・・(失礼!)皆さん指揮者と、ピアニストと、そして仲間同士でもしっかりコンタクトを取り合いながら歌い、楽しんでおられます!

レパートリーは邦人合唱作品から、懐メロ・演歌・J-ポップ・ミュージカルのナンバー・沖縄民謡まで、ほんの少しの振り付けをもこなしながら見事なパフォーマンスを繰り広げます! 去年辺りから新進の合唱指揮者 栗原寛氏の協力も得ながら、歌も振り付けも益々パワーアップして楽しいステージを目指しております。 現在の人数は女声が20名ほどに個性の豊か過ぎる男声が5名! このメンバーで混声3部の曲を中心に活動しています! 月曜の夜! 新宿に遊びにいらっしゃいませんか!?

そんなエルムに今月・・・大変悲しいニュースが飛び込んでまいりました。この合唱団で永らくコーラスを楽しんでおられた男性の方が、病気療養先の病院で亡くなられました。 11月10日の事だったそうです。 私はつい最近までその事を存じ上げずに、葬儀に伺うことすら出来ませんでした。 そんなにお悪いとは考えても居ませんでした。 もう一度お会いしてお礼を申し上げたかったし、一緒に笑って歌いたかった! 病室でエルムのステージ写真をご覧に成りながら「またエルムに行きたいなぁ・・・」と仰って下さったとか。 阿野さん、ご葬儀に行く事も出来ずにごめんね! 貴方の笑顔と笑い声が大好きです! 笑っておられる顔しか思い出せません。 「結婚しようよ」をコーラスした時に、赤や黄色やボンバー風のカツラつけて大笑いしながらステージで歌っておられた阿野さん! 打ち上げ会場でも他の男声メンバーとカツラを奪い合うようにしてはしゃいでおられた阿野さん! 帽子の似合ってた阿野さん、燗酒のお好きだった阿野さん 本当に有り難うございました。 今日は阿野さんの為に「千の風になって」と「涙そうそう」を、阿野さんのことを思い出しながら、いつもの練習通り、大笑いしながら、でもみんなチョッピリ目を赤くして歌いました。 同い年のメンバーのT村さんの喜寿のお祝いと阿野さんを偲ぶ会を一緒にやるんだそうで(笑)、その日の為の練習です。 出来れば・・・そっといらしていて下さいね・・・ またそちらでお逢いする日まで・・・さようなら! もう一度 有り難うございました!!

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 家内は小野小町だったんですっ!!
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • JAMCA 東北八戸演奏会
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
  • 与太郎昇天!!
最新コメント
アーカイブ