声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

「無」の日々・・・

最近は家に籠もりっぱなしです・・・と言いたいところですが、実は電車を使って向かう様な用事は殆ど無くなっておりますが、犬の散歩にかこつけた徒歩による徘徊や愛車を駆っての外出は買い物も含めてちょくちょく行っております。
皆様は如何でしょうか。

こんなにじっくりと自分の半生を振返れる日々も有りませんし、全てのコンサート・講習会が中止若しくは延期されたことで、無収入であることを除いては何故か物心ついてからの人生では当然経験したことの無い様な不思議で静かで快い日々を過ごしております。

報道から一日だけ全く目を逸らせた日がありました。本当に心安らかな穏やかな一日と成りました。
その日は音楽家・芸術家であることの幸せを熟々感じた日にも成りました。
慌ただしく駆け回っていた日々は「音楽家」と言う名刺を持って看板を掲げただけの「音楽屋」であった様に思えて成りませんでした。

芸術家の定義もなかなか難しいものだなぁとも感じています。
何かが出来たり、得意だったり、知識があるだけならばその定義に相応しいとは思えませんし、このことは実は以前から時々頭に浮かんでは揉み消してきたことでもありました。

無論結論は出ないのですが今私は、もしかしたら人生で初めて「芸術家に成りたい」と心から思っている様に思います。不思議ですがそれは食事をしていても、犬の散歩をしていても、孫とハイテンションで遊んでいる時も、SNSで様々な方々と交流していても、買い物に出掛けた時も、部屋の模様替えをしていても、勿論楽譜を見ていても、歌っていても、楽器に触れていても、随分と始業が遅く成ってしまいそうないくつかの音楽大学の講義の進め方を考えていても、全く練習が無くなってしまった合唱団のメンバーを思っている時も、こうしてブログを書いている時もです。

きっと芸術って突き詰めなければ見えてこない割に間口がやたらと広いんだなぁって思えるんです。

今年の6月で62歳に成る自分の余生が、はたまた音楽家・芸術家としての現役生活がどのくらいあるんだろうかと考えます。こう見えて宮澤賢治のあの有名な詩を書いた時の心境を思ったり、寺山修司や金子みすゞの詩を反芻したり、はたまたドイツリートで取り上げられた有名な歌詞、オラトリオやカンタータの歌詞に思いを馳せたりもします。そして朝の連ドラの終わり方で作者の訴えたかったことは何だったんだろうかと考えもしました。こんな時間を少なくともこの40年余り私は持たずに、否、持てずに生きて来ました。そしてもしかするとそう言う時間を持つことが今日まで自分が身に付けてきたものを活かしつつ芸術家に成ることなんじゃ無いかとも思っています。
どっかの首相以上に何言ってるんだかお解り頂けないでしょうが、少なくとも非常にかけがえのない時を持たせて頂いているなぁと、恐怖心よりは寧ろ感謝の気持ちで日々過ごしております。

私は人と直に触れ合い、語り合い、笑い合い、諸々の喜怒哀楽を共有することを「生きること」と思っています。だからそれが出来る日を一日も早く取り戻したいと願っています。
ただ「その時」を迎えた日に、自分は必ず少しでも自分に納得していたいと思うのです。


どうかまた皆様とお目に掛かれる時には仲良くお付き合いの程お願い申し上げます。
大丈夫です!! 誰だか解らなくなるほどのダイエットの予定は全くございませんから!!

ミシュマシュコア東京&岡山 延期のお知らせです。

明日27日午後に予定しておりました
ミシュマシュコア東京の練習会 
及び4月19日に予定しておりました
ミシュマシュコア岡山の練習会は いずれも世間の情勢を鑑みまして延期とさせて頂きます。
また近日中に元気にお目に掛かれます様に!!

辻秀幸より

✟コロナ退散✟

皆様如何お過ごしでしょうか・・・

私は大成功裏に終えましたイギリス・オックスフォード大学構内の素晴らしい由緒ある講堂でのメサイア公演から無事帰国し、あんまり無事では無い母国で様々な予定変更を余儀なくされては居りますが、今のところ元気に日々を過ごしております。
本日も6月に大きな本番を控えた合唱団の練習を午後から夜間に掛けて人数の集まり過ぎを考慮しつつ行います。

そしていつもお集まり頂いておりますミシュマシュコアの練習ですが、17日・27日の練習は今のところ予定通りに行う予定です。これは「中止ありき」では無く「正しく恐れて、お互いエチケットを守りつつ歌おう」と言う姿勢の元決めさせて頂きましたが、ご存じの通り日々一刻事態は変化致しておりますので今後ともお知らせにご注目頂ければ幸甚です。


心配にのみ寄り添っていては世の中は経済のみならずあらゆる面で疲弊して参ります。

どうか皆様楽しく歌ってうがいして手洗いして大笑いして元気を取り戻して参りましょう。

「日本を取り戻す・平穏無事な日常を取り戻す」をスローガンに今こそ動ける者は慎重に且つ大胆に立ち上がりましょう!


皆様の健康が守られます様に心からお祈り申し上げます。


                          辻 秀幸

明日のミシュマシュコア東京の練習はお休みです涙💧

皆さんゴメンナサイ!!
風邪引きました涙💧

一応インフルエンザは陰性でしたが、ごく一般的なウィルス性感冒と言う事でしたので、今日と明日は感染も考慮して一日静養させて頂きます。
3月の長岡京の出演を前に私も本当に残念かつ申し訳ないけれど、何卒ご理解の上、お許しくださいませっ!

風邪ひき 辻秀幸よりDSC_0098

明日はミシュマシュコア東京の練習会ですっ❢

ミシュマシュコア東京は公募合唱団という性格上 どうしても公共施設の登録が不可という判断が下ってしまいましたので、利用料金は嵩みますが一般のホール(主に新大久保に有りますコーラススタジオ)を中心に活動を取り敢えず本年2020年3月まで、時々曜日を変えて継続させて頂きます(明日2月4日は場所が変更になりましたのでお問い合わせ下さいませ!!)。

その後は私の担当します音楽大学の講義が休みになる、夏期・冬期・春期休みを利用して不定期に続けて行きたいと存じます。

曲目は 池辺晋一郎作曲 池澤夏樹作詩の「三つの不思議な仕事」と信長貴富作曲 やなせたかし作詩の「しあわせよカタツムリにのって」を取り上げます。(楽譜販売は継続します。)
尚この曲は今年3月8日に京都府長岡京市のホールで行われます東日本大震災被災地合唱活動に特化して支援するharmony for Japanの主催する大規模な合唱祭の女声合唱の合同ステージ(指揮は私です)で演奏しますので、ご出演ご希望の方は是非申し出てくださいませ。詳細は金曜日にお伝えしますが、一応このイヴェントの参加申込みは締め切りとさせて頂きました。
尚、イヴェント参加の是非とミシュマシュコア東京の練習会への参加資格は無関係ですので、充実した人数で女声合唱をお楽しみに成りたい方は是非ともご参加下さいませ❗

ミシュマシュコア東京の参加料は今年3月までは据え置きで1回お一人千円で可能な限り続けますのでどうぞ皆様お誘い合わせの上お集まり下さいませ。

ミシュマシュコアは「女声」であればどなたでもご参加頂けます。団の代表・指導・指揮は私が務めます。ピアノは私と長くお付き合い頂いております河本充代さんにお願いしております。役員などのご負担はお掛けしませんし、単回参加も連続参加もご自由です。但し楽譜はコピーでは無く出版譜をご購入頂きますので、楽譜をお持ちの方はどうぞご持参下さい。ミシュマシュコア東京側でもご用意可能ですがほぼ定価となりますので、ネットなどでお求め頂いたりキャッシュレスで各楽器店でお求め頂くのもお得かと思います。

それでは2月4日(金)午後(14時50分~16時50分)都内の練習場所でかなお待ち申し上げます。


【ミシュマシュ東京 今後の日程(いずれも午後です)】

2/4 火曜日 場所がお解りで無い方はお問い合わせください 時間は14時50分から16時50分です!

2/14 金  3時〜5時  CS

3/17 火曜日 ※別途連絡

3/27 金  3時〜5時 CS 
      (最後の練習)
プロフィール

声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸

記事検索
ギャラリー
  • 明日のミシュマシュコア東京の練習はお休みです涙💧
  • 白いうた青いうた  レクチャーコンサート
  • 明日は6月最初のミシュマシュコア東京の練習会ですっ❗
  • 昭和、平成とお世話になりました。
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
最新コメント
アーカイブ