声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸 公式サイト

声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸(つじ ひでゆき) の公式サイトです。 演奏会情報や近況などをお届けいたします。

まだまだコロナ・・・でもそろそろ始めるコロナ??

皆様お元気ですか。

私は音楽大学3校のリモートに振り回されつつも何とか忙しいような閑なような日々を過ごしております。それでも合唱団は都内23区を拠点とする合唱団以外は、徐々に活動を開始しております。

ニュース報道やコロナに対する医師の皆さんのご指摘も本当に様々な視点から為されており、何が本当で何が嘘なのかも正直判断に苦しむところではあります。ただ、確かに罹患者がこれだけ増えているにもかかわらず重篤化された方は最近では非常に少なく、また退院された方の%も非常に高いことで、医療機関にも漸く一時期の逼迫した状態を脱しつつあるようです。
改めて日本の医療現場で働くの皆様の技量の高さと強い使命感に敬意と感謝を申し上げます。

合唱活動を再開して頂く際に是非参照されて頂きたいガイドラインが東京都合唱連盟・全日本合唱連盟から相次いでそのホームページ上に発表されております。いささか慎重すぎるくらいで丁度良いとは存じますが、マスクフェイスシールドなどはウィルス蔓延防止には大きな効果がある反面、熱中症には非常に大きなリスクを伴うことも指摘されております。

ただ、感染のリスクとして最も危険な場所はお互いにマスクを外してせざるを得ない向き合う形での会食です。家族間では未だに普通に為されている行為です。ある欧州の国の実験データーに因りますと、大声の会話は飛沫の飛散が1.5㍍を超え、意外や声楽は(合唱では無いですが)1㍍に満たないという結果もございます。

「一緒に歌おうよ!」 と言う声掛けは各人の健康状態、各人を取り巻く住環境によっても大きく異なりますのでそこはチョット我慢ですが、正しく怖れた上で慎重に準備された上で合唱をしようと言う動きを規制するものではありません。希望者だけが少しずつコーラス活動を始めることで、躊躇されておられる方々が少しずつ歌うことに戻ってこられる場所作りから始められればと思います。

思いっ切り消毒してマスクして手洗いマメに換気も忘れずに顔を触らずに、徐々に歌を始めましょう!

歌が支えてきてくれたことを今一度思い返して、罹患と経済活動にのみ注視するのでは無く、文化を失うこと無くこのコロナ禍を皆さんで乗り越えて参りましょう。

「歌なんか歌ってる場合かよ!!」って自分の心が叫んだらそこに従うべきです。
ふと「歌ってみようかな!?」って感じたら、もう一度ゆっくりと合唱の現場に帰って行きましょう。
我々はものを考え相手を思いやる合唱を愛するエチケット集団なんですから!!

再放送のお知らせですっ!!

心優しいNHKのディレクターさんから以下のお知らせが有りました。
収録は随分昔ですし、放送は明後日の午後ですが、お時間あればご覧くださいませっ💝

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お知らせがぎりぎりとなってしまいました。辻先生にご出演いただいた「おんがくブラボー」が、今週26日火曜日にEテレで午後3時半より再放送となります。

学校現場で音楽の授業を行うことがいまだ難しい時期だけに、この番組を見ながら在宅学習に役立てているという

お声をたくさんいただいており、今後も再放送が行われる可能性がございます

その折には、またお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

先生も、いろいろなご対応でお忙しいときかと思います。

どうぞ御身を大切にご自愛くださいませ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

以上お知らせまで。

大阪凄い!!

口々にインタビューに答える大阪人は口々に「府知事が頑張ってるから」と言って
外出を控えまくってるようですねっ!!


他府県知事も先ずは民からの信頼・信用を勝ち取るところから初めて頂きたいですね。

緊急事態宣言(初期のお願いの方ですが・・・)直前まで東京オリンピック開催を強調
していた都知事がいきなり真顔でなんか言っても心には響いてこないです。
私は神奈川県民ですし、この一ヶ月ばかりの間、殆ど東京都には(犬の散歩で狛江市に
は入りましたが・・・)入っていませんし、私の職業から考えると人との接触は98%
程下がっていると思います。まぁ私の職業は人と接していないと全く無収入になる脆弱
な職種ですから、元々凄い人数の方々と接したとは言え、大阪府挙げての86%減の数
字は素晴らしいと思いました。


大変失礼では有りますが大阪人を180度見直しました!!

皆さんも大阪を見習いましょう! 
そしてゴールデンウィーク明けには必ずや日々の感染者数を二桁前半、可能で有れば
一桁に持って行きましょうよ!! そのくらいなら私もまだまだ踏ん張れます!
これが6月の誕生日まで希望の日が見えてこないと、流石に職安に並びます。

欧州各国のフリーランスの働き手に対する手厚い補助は、元々徴収されている高い
税金有ればこそですが、それにしてもこんな事態になっても、税金投与では無く赤字
国債再発行して凌ごうとしなければ成らない様な国にはなかなか直ぐには助けて貰え
そうも無いです。 コロナが重篤化しないと検査も入院も呼吸補助装置も付けて貰え
ないのにちょっとオーバーラップしてしまいます。

いやいや!! でも困ってない国民は一人も居ないんですから、大阪人を見習いまし
ょう! さりげなく数年後の大阪万博のジャケットとか着ちゃってるイケメン知事万歳です。

小池さん!都民に袋詰めのインスタントラーメンを狂った様に購入させてる場合じゃ無い
ですよ! このままじゃ貴女も安普請造内閣と共倒れですよ。本気でもう逃げたいと思って
らっしゃるかも知れませんけどね・・・

そう言えば細川さんは自分が損しそうだと思われた瞬間にお辞めになって故郷で悠々自適な
暮らしを選ばれておいででしたが、ASOさんはあのNO.2の位置が大好きなんでしょうねぇ。

さてと、私も各合唱団にメールなど様々な形、手段でコンタクトは取って参りましたが、
今日もこれから一つ合唱団に近況報告などさせて頂くつもりです。
どうか皆様 明るく楽しく健やかにお過ごし下さいませ。多少手が荒れてでも今は手洗い励行、
荒れた手もそれはそれで感染の可能性を持ってしまうそうですから、洗ったら化粧水を使って
からハンドクリームなどで。お手入れも為さって下さいね!

それでは皆様!! またこちらのブログでお目に掛かります!

雨が降っています・・・

皆様如何お過ごしでしょうか? 真夜中ですが外は雨が降り続いています。
お陰様で私は元気に過ごしております。
犬の散歩だけはさせて頂き、食料品調達だけは少し多めにさせて頂いております。
何時開けるとも知れぬ出口の見えないトンネルに置かれた様な、それでいて春の息吹を
沢山感じられたり、草木や野鳥の名前を知る様になったりと、例年とはひと味違うチョッピリ
苦みのある春を過ごしております。重苦しいことばかりではありませんよ。
オゾン層も大気汚染も海水や河川の水さえも改善されていることも種々ある様に伝えられています。


昨日はイースター=復活祭でした。
母教会から配信されたWeb上で、イースター礼拝に招かれました。
敬愛する牧師先生のお説教の御言葉に
「復活祭とは誰もが想像もしなかった大どんでん返しなのです。」と有りました。
十字架上で息を引き取られたキリストがまさかの復活! 確かに大どんでん返しですよね。
それが起こるのがイースターだそうです。
9年前の東日本大震災の翌年、2012年の復活祭は4月8日で、お釈迦様のお誕生日も重なって、
日本中が何故かパワーに溢れていたことを思い出します。


遅ればせながら・・・皆さんイースターおめでとうございます!! 
ゆで卵の食べ過ぎには充分お気を付けに成って、明るく楽しく健やかにお過ごし下さい。 
誰も予想だにしない歓喜の大どんでん返しがこの地球全体に訪れます!!
私もその奇蹟を確信して春を待つ冬眠中のヒグマの様に、少しウキウキとコーラスの出来ない
空腹さえも楽しみにしながら、心静かに時を過ごしてゆこうと思います。

さぁ皆さんも ご一緒にっ! 
「距離於いて、うがい手洗いマスクして、明るく笑えば免疫アップ!!」 

「無」の日々・・・

最近は家に籠もりっぱなしです・・・と言いたいところですが、実は電車を使って向かう様な用事は殆ど無くなっておりますが、犬の散歩にかこつけた徒歩による徘徊や愛車を駆っての外出は買い物も含めてちょくちょく行っております。
皆様は如何でしょうか。

こんなにじっくりと自分の半生を振返れる日々も有りませんし、全てのコンサート・講習会が中止若しくは延期されたことで、無収入であることを除いては何故か物心ついてからの人生では当然経験したことの無い様な不思議で静かで快い日々を過ごしております。

報道から一日だけ全く目を逸らせた日がありました。本当に心安らかな穏やかな一日と成りました。
その日は音楽家・芸術家であることの幸せを熟々感じた日にも成りました。
慌ただしく駆け回っていた日々は「音楽家」と言う名刺を持って看板を掲げただけの「音楽屋」であった様に思えて成りませんでした。

芸術家の定義もなかなか難しいものだなぁとも感じています。
何かが出来たり、得意だったり、知識があるだけならばその定義に相応しいとは思えませんし、このことは実は以前から時々頭に浮かんでは揉み消してきたことでもありました。

無論結論は出ないのですが今私は、もしかしたら人生で初めて「芸術家に成りたい」と心から思っている様に思います。不思議ですがそれは食事をしていても、犬の散歩をしていても、孫とハイテンションで遊んでいる時も、SNSで様々な方々と交流していても、買い物に出掛けた時も、部屋の模様替えをしていても、勿論楽譜を見ていても、歌っていても、楽器に触れていても、随分と始業が遅く成ってしまいそうないくつかの音楽大学の講義の進め方を考えていても、全く練習が無くなってしまった合唱団のメンバーを思っている時も、こうしてブログを書いている時もです。

きっと芸術って突き詰めなければ見えてこない割に間口がやたらと広いんだなぁって思えるんです。

今年の6月で62歳に成る自分の余生が、はたまた音楽家・芸術家としての現役生活がどのくらいあるんだろうかと考えます。こう見えて宮澤賢治のあの有名な詩を書いた時の心境を思ったり、寺山修司や金子みすゞの詩を反芻したり、はたまたドイツリートで取り上げられた有名な歌詞、オラトリオやカンタータの歌詞に思いを馳せたりもします。そして朝の連ドラの終わり方で作者の訴えたかったことは何だったんだろうかと考えもしました。こんな時間を少なくともこの40年余り私は持たずに、否、持てずに生きて来ました。そしてもしかするとそう言う時間を持つことが今日まで自分が身に付けてきたものを活かしつつ芸術家に成ることなんじゃ無いかとも思っています。
どっかの首相以上に何言ってるんだかお解り頂けないでしょうが、少なくとも非常にかけがえのない時を持たせて頂いているなぁと、恐怖心よりは寧ろ感謝の気持ちで日々過ごしております。

私は人と直に触れ合い、語り合い、笑い合い、諸々の喜怒哀楽を共有することを「生きること」と思っています。だからそれが出来る日を一日も早く取り戻したいと願っています。
ただ「その時」を迎えた日に、自分は必ず少しでも自分に納得していたいと思うのです。


どうかまた皆様とお目に掛かれる時には仲良くお付き合いの程お願い申し上げます。
大丈夫です!! 誰だか解らなくなるほどのダイエットの予定は全くございませんから!!
プロフィール

声楽家・合唱指揮者 辻 秀幸

記事検索
ギャラリー
  • 明日のミシュマシュコア東京の練習はお休みです涙💧
  • 白いうた青いうた  レクチャーコンサート
  • 明日は6月最初のミシュマシュコア東京の練習会ですっ❗
  • 昭和、平成とお世話になりました。
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • 嶺貞子先生逝く
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
  • ピアノとのお別れ・・・
最新コメント
アーカイブ